1. 法人TOP
  2. コネクトナレッジTOP
  3. フリーランスにリスティング広告の運用を外注するのはアリ?代理店との違いも解説

フリーランスにリスティング広告の運用を外注するのはアリ?代理店との違いも解説

フリーランスにリスティング広告の運用を外注するのはアリ?代理店との違いも解説

リスティング広告の運用を検討している企業担当者の方で以下の悩みを抱えている人はいませんか?

「リスティング広告を出稿したいけど社内に運用できる人材がいない」
「広告代理店に広告運用を依頼したいけど費用が見合わない」

これらの悩みは、リスティング広告の運用経験に長けたフリーランスに運用を依頼することで解決できるかもしれません。

この記事ではフリーランスに広告運用を依頼することのメリットとデメリット、広告代理店との違いやフリーランス人材を選定する際のコツなどについて紹介します。

フリーランスにリスティング広告の運用を依頼するメリット

リスティング広告の運用は広告代理店に依頼する選択肢もありますが、フリーランスに広告運用を依頼すると以下のメリットを受けることができます。

費用を抑えることができる

広告代理店へ広告運用を依頼する際に発生する費用は、会社経営に伴うコストなどが加味されていることがあります。そのため、個人で活動するフリーランスへ依頼したほうが費用が抑えられるケースが多いでしょう。

また、広告運用代行の費用は一般的に「広告費の20%」と定められていることが多く、広告費を抑えて運用する場合は、毎月固定された金額の支払いを求められるケースもあります。このようなルールは代理店ごとに異なりますが、フリーランスへ依頼する場合は代理店よりも柔軟に金額の相談に応じてもらえる可能性があるため、費用を抑えて運用を依頼できることがあります。

小さな案件や業務でも気軽に相談できる

リスティング広告の運用を進めると、クリエイティブの軽微な調整が必要になることがあります。広告代理店への依頼では、このような軽微な作業が発生した場合でも追加で費用の上乗せが必要となるケースがあるのであらかじめ確認が必要です。

フリーランスへ広告運用を依頼する際、依頼者との折り合いがつけば、こういった広告運用に付随する業務も追加で依頼できるケースがあり、追加費用が発生する場合も、広告代理店より安価に抑えられるケースがほとんどでしょう。

依頼から着手、納品までのスピードが速い

社外に広告運用を依頼する際、基本的に契約書の締結を経て実際の広告運用が行われます。広告代理店への依頼は、両社が定めた規約が上手く合致しないと、契約書の締結などの手続きに時間がかかってしまい、着手するまで時間がかかる可能性があります。

一方でフリーランスへの依頼は会社対個人のやりとりになるため、広告代理店と比較してコミュニケーションのしやすさから折り合いがつきやすいといえるでしょう。

稼働時間を相談することができる

フリーランスは、一般的な会社員のような勤務時間や所属先の営業時間に稼働時間を拘束されることがありません。そのため、土日や祝日などの休日の稼働や、深夜対応なども相談することができます。

広告費の制限がない

広告代理店ではリスティング広告の運用を依頼する場合は「月間予算30万円から」など出稿額の下限が定められていることがあります、しかしフリーランスにリスティング広告の運用を依頼する際は、広告費の下限額は相談次第で調整することができます。少額の出稿で成果に結びつくと判断した場合は打診してみるのもよいでしょう。

フリーランスにリスティング広告の運用を依頼するデメリット

ここではフリーランスに広告運用を依頼する際のデメリットを紹介します。

スキルにバラつきがある

フリーランスは、各々の経歴やスキルに幅があります。そのため依頼時にこちらが求めるスキルを持っている人材かどうか正しく見定めることが重要です。万が一求めるスキルが無い人材を採用してしまった場合は、契約期間終了後に他のフリーランスへの変更を検討しましょう。

また、一方で広告代理店にリスティング広告の運用を依頼する場合でも、担当者のスキルは保証されているわけではないので注意が必要です。広告代理店で頻繁に担当者を変更することは現実的ではありませんが、フリーランスに関しては納得がいくまで最適な人材の採用を追求することができます。

当記事の後半で、「リスティング広告運用のフリーランスを選定する際に確認すべきポイント」を紹介しているので参考にしてください。

サポート体制に不安がある

広告代理店は、過去に受注したさまざまな広告運用の経験からサポートの体制が整っており、万が一発生したイレギュラーな事態にも柔軟に対応できることが多いでしょう。担当者で解決できないことも、社内のメンバーや上司に相談できる環境にあるため。手厚い支援が期待できます。

フリーランスへの依頼と広告代理店への依頼の違い

上述の通り、フリーランスへリスティング広告の運用依頼はさまざまなメリットとデメリットがありますが、改めて広告代理店へ依頼した場合とどのような違いがあるかおさらいしておきましょう。

  フリーランス 広告代理店
費用
サポート体制
柔軟な対応・スピード感

費用に関しては個人で活動するフリーランスに依頼することで安価に依頼できる可能性が高いでしょう。広告代理店は会社経営に伴うコストなどを加味して料金を設定する必要があります。(依頼する業務範囲や、広告の運用状況によって費用は左右するので注意が必要です)

サポート体制に関しては、広告代理店の方がこれまでの運用経験や社内の他のメンバーや上司から指示を受けられる状況にあるため柔軟な対応が期待できるでしょう。

依頼に対する柔軟な対応やスピード感の高さはフリーランスの方が優れています。当初想定していなかった軽微な作業が発生する場合、広告代理店では追加の費用が発生することがありますが、フリーランスの場合、依頼者との折り合いがつけば追加の費用なく対応してくれることもあります。

リスティング広告運用のフリーランスを選定する際に確認すべきポイント

フリーランスにリスティング広告の運用を依頼する場合、依頼する人材のスキルや連携方法によって生み出す成果が変わってきます。ここでは、フリーランスに広告運用を依頼する際の確認すべきポイントを紹介します。

過去の実績やポートフォリオの内容

最も重要なのは、その人材が依頼しようとしている要件にあったスキルを持っているか見定めることです。必ず契約前に過去の実績やポートフォリオの内容を確認しましょう。

注意すべきポイントは、リスティング広告の運用経験だけではなく、これまで広告運用してきたサービスや商材が、これから依頼する広告の内容との関連性があるかどうかも確認が必要です。

また、その人材の強みがアカウント構造の設計にあるのか、質の高いクリエイティブにあるのかなどの詳細を確認し、現状の課題とマッチする人材を選ぶことでより成果に繋がりやすくなります。

対応可能な業務範囲

リスティング広告の運用は、アカウント設計からクリエイティブの作成までさまざまな業務が内包されています。そのため、人材を探す前に社内でフリーランスに外注したい作業を具体的にしておくことをおすすめします。

コミュニケーションのとりやすさ

フリーランスとのやり取りは広告代理店とは異なり、対個人とのやり取りになるため、コミュニケーションのとりやすさも事前に確認しておきましょう。

広告運用の際には、広告を依頼するサービスや商材の強みやターゲットなどを具体的に把握してもらう必要があるため、コミュニケーションが取りやすさや、相手の理解度の高さは、広告の効果にも直結するといえるでしょう。

自社の案件で稼働できる時間

フリーランスの人材は、自社の依頼だけではなく、他の会社の案件も平行して受注している可能性があります。

仮にスキルやコミュニケーション力が高くても、自社の広告運用に割ける時間が少なければ、想定している効果が見込めなくなる可能性もあるので注意しましょう。

リスティング広告運用を外注する際の相場

リスティング広告の運用をフリーランスに外注する際、時給に換算すると「3,000~8,000円」程の幅になってきます。金額に大きな幅がありますが、時給が高い人材は運用スキルが高く、作業スピードや効率の高さも期待できるため、コストパフォーマンスがよいとも考えられます。

実際に依頼するときは時給ではなく、月額固定で見積もることが多く、広告予算や掲載する媒体の数、業務範囲などによって異なります。

以下は、フリーランスのWebマーケターとのマッチングサービス「ミエルカコネクト」での費用の一例です。

パターン①

広告予算 100万円
現状のCPAと目標値の差 なし
業務内容 現状の設計のまま日々の運用を依頼
費用の目安 15〜20万円 / 月

パターン②

広告予算 1,000万円
現状のCPAと目標値の差 約2倍
業務内容 定常運用、アカウント設計・配信設定の変更、クリエイティブ改善提案
費用の目安 40〜50万円 / 月

月額費用の目安は、上記のように業務内容や広告配信の状況によって条件が大きく異なります。そのため、依頼の際は現在の広告アカウントの状態や、達成したい目標などを共有をして見積もりを出してもらいましょう。

最終的に成果に結びつくかどうかは、採用するフリーランスの力量にも左右される部分があります。上述のように、企業が求める能力や業界知識を持ち合わせたフリーランス人材を確保することが必要不可欠です。

リスティング広告をフリーランスに依頼するなら「ミエルカコネクト」

ミエルカコネクトは、Webマーケティング専門の業務委託のマッチングサービスです。

ミエルカコネクトは、Webマーケター専用の業務委託マッチングサービスです。専門知識のあるスタッフが、企業が求める能力を持ち合わせたフリーランスを見極めて紹介します。

ミスマッチのリスクを抑え、フリーランスの人材にリスティング広告の運用を依頼したいと考えている企業担当者は、まずはお気軽にご相談ください。

Webマーケティングのお悩みから、ぜひご相談ください!

紹介マーケターはマーケティングに精通したメンバーが全員面談済み。
一人一人の経験や強みからビジネスを前進させるマッチングを実現します。