1. 法人TOP
  2. コネクトナレッジTOP
  3. Webコンサルティングって実際に何するの?主な施策内容と見込まれる改善効果

Webコンサルティングって実際に何するの?主な施策内容と見込まれる改善効果

Webコンサルティングって実際に何するの?主な施策内容と見込まれる改善効果

「Webコンサルティング」とは、Webサイトの運用や改善をサポートするサービスです。企業の収益拡大をWebサイトで実現するために、さまざまな戦略・アドバイスを提供します。

Webコンサルティングって実際に何するの?主な施策内容と見込まれる改善効果
Webコンサルティングの範囲は広く、経営目線でのWeb戦略・活用のコンサルティングからロードマップ策定まで行います。全社的なWeb戦略や事業計画に関する施策は、DX支援に相当する内容です。一方で集客支援・サイト改善・データ活用などのコンサルは、Webマーケティングコンサルに相当する支援を提供します。

このように、ひとくちにWebコンサルと言っても業務内容はさまざま。自社の課題が言語化できていないと「どのコンサルを依頼すべきか」曖昧になりがちなので、何が必要かを事前に見極めることが重要です。

今回はWebコンサルティングとは何か、実際にどのような支援を提供するのかについて、詳しく解説します。

Webコンサルティングとは | 経営視点とマーケティング視点に大別される

Webコンサルティングの施策内容は、主に「経営視点」と「マーケティング視点」に大別されます。したがってWebコンサルティング会社の種類も、以下のように多様です。

  • 集客支援マーケティングとリード獲得に強いWebコンサル会社
  • サイト制作に強いWebコンサル会社
  • DX支援/戦略設計に強いWebコンサル会社
  • 上流~下流までワンストップ型のWebコンサル会社

繰り返しになりますが、自社サイトがどのような課題を抱えているかによって、依頼すべきコンサルティング会社や専門家は大きく変わるので、慎重に選ぶことが大切です。たとえば戦略設計から運用までトータルで任せたいなら、ワンストップ型の会社を選ぶ必要があるでしょう。

経営視点の場合 | 上流からオペレーションまで一括して担当する場合も

経営側に近いコンサルだと、業務内容は総じて「DX支援」に近いものになります。
また上流の戦略に付随して必要となるマーケティングの支援施策も一括で担当することがあります。
ちなみに「上流の戦略から下流のオペレーションまでをワンストップで対応してほしい」というニーズを踏まえ、近年は総合コンサルティング会社がITエンジニアやマーケターの採用を強化する動きも見られます。

マーケティング視点の場合 | 集客支援などが中心

Webマーケティングのコンサルティングは、マーケティング分野に特化したものです。集客支援やリード獲得支援はもちろん、必要に応じてサイト改善・フォーム改善・データ活用など多様な業務を引き受けます。

基本的なWebコンサルティングの流れ | サイト改善の場合

前述のとおり、経営視点でのWeb活用という上流から入るのか、マーケティングのフェーズから入るのかによって、コンサルティングの流れは大きく変わります。ここでは、一般的なサイト改善の場合を想定し、一連の施策の流れを紹介します。

基本的なWebコンサルティングの流れ | サイト改善の場合
まずはWebサイトのコンセプトを策定し、流入数を増やすサイトを作るために「現状・競合・市場」の三方向から改善策を検討します。そのうえで実装する機能や運用方針を策定し、その結果を報告します。

この流れはサイトの一部機能の追加・リニューアルなどを想定しています。しかし実際には、広告運用やコンテンツマーケティング施策についても、併せて戦略策定・実行するケースも多いです。

基本的なWebコンサルティングの流れ | サイト構造の見直しとSEO対策の場合

Webマーケティングのコンサルの場合、集客施策の一環としてサイト構造の見直しとSEO対策を行うケースもあります。その場合はユーザーニーズと競合サイトを分析したうえで、以下のようにサイト内のカテゴリを設計。カテゴリごとにコンテンツを配置していきます。

基本的なWebコンサルティングの流れ | サイト構造の見直しとSEO対策の場合
たとえば大カテゴリで「クレジットカード」を狙う場合、子カテゴリとして「おすすめ」や「悩み」を配置します。「悩み」の下に住所変更や暗証番号変更の「やり方・方法解説」など、さまざまな切り口からコンテンツを配置することで、サイト構造を抜本的に見直し「SEOに強いサイト」を作ります。

サイト構造の見直しや整理、コンテンツの追加などは全社的なWeb戦略策定などと比較すると施策としてはミニマムです。
よってこれらの内容であれば、コンサルティング企業ではなくフリーランスの「専門家」の登用でも必要なリソースを賄えるケースも多いです。

Webコンサルティングは「コンサルティング会社」「フリーランス」どちらに頼むべき?

全社的なDX化を予定しており、なおかつ上流から下流のオペレーションとシステム構築を一括で依頼したい場合、コンサルティング会社に頼むのが「社内リソース節約」の観点からもおすすめ。

一方で、ミニマムでのスタートや最終的な内製化も目指す場合は、フリーランスに依頼する方が効果的です。たとえばミエルカコネクトを利用する場合は、将来的な正社員登用を視野に入れたうえで、フリーランスコンサルタント紹介の依頼もできます。

社内での改善余地がある場合はスポットでのフリーランス登用も要検討

社内リソースをある程度確保できる見込みでも、以下のようにWeb関連施策の課題・不安が多いこともあるでしょう。

  • 何から手を付けるべきか
  • どの施策にどれくらいリソース配分すべきか
  • 社内検討中の施策は専門家の目から見ても有意義か

このような場合は、一部業務のみ「スポット」でWebコンサルの手を借りるのも有効な選択肢です。

Webコンサルティングの費用の目安

Webコンサルティングの費用は、案件の規模や必要なリソースによって大きく変わります。ミエルカコネクトでは、ある程度ミニマムな形でフリーランスにコンサルティングを依頼する場合、フリーランスのスキルや依頼する業務内容によりますが月額20万~30万円が目安となります。

Webコンサルティングならミエルカコネクトで、一流フリーランスを活用!

Webコンサルティングの施策内容と改善効果について解説しました。Webコンサルの業務内容は多岐にわたり、特に「経営目線」か「マーケ目線」かによって、コンサルタントが提供する施策内容は大きく変わります。そのため、事前に自社の課題を見極めておき、「どんな結果を出したいか」「何を依頼したいか」検討することが重要です。

しかし実際には、「何から手をつけるべきか分からない」「そもそも現状把握が困難」というケースもあります。そこでこの機会に、フリーランスや副業のWebコンサルを起用してみてはいかがでしょうか。確かなスキルと経験がある専門家が、現場にメンバーとしてコミットし、プロジェクト完成まで並走してくれます。

ミエルカコネクトでは、Webサイトの課題や改善策を見極めるために、最適なWebコンサルをご紹介します。Webサイト改善や運用でお悩みの場合は、ぜひご相談ください。

Webマーケティングのお悩みから、ぜひご相談ください!

紹介マーケターはマーケティングに精通したメンバーが全員面談済み。
一人一人の経験や強みからビジネスを前進させるマッチングを実現します。