1. 法人TOP
  2. コネクトナレッジTOP
  3. Webマーケティングの外注|内製の基準や注意点、メリットを解説

Webマーケティングの外注|内製の基準や注意点、メリットを解説

Webマーケティングの外注|内製の基準や注意点、メリットを解説

Webマーケティングを外注してもいいものなのか?悩みますよね。Webマーケティングは専門性の高いスキルが必要なため、自社で人材を採用したり教育したりするには時間がかかります。

本記事では、Webマーケティングを外注するメリット・デメリットや外注するときの流れについて解説します。Webマーケティングのフリーランス活用についても紹介しているため、あわせてご検討ください。

Webマーケティングを外注するべきかどうかを判断し、集客を成功させましょう。

Webマーケティングを外注するメリット

Webマーケティングを外注するメリットは、主に2つあります。

  • 専門性の高い企業・人材に業務を任せられる
  • 社内リソースの確保でコア業務に時間を充てられる

メリットを知れば、外注することが選択肢に入ってきます。詳しく確認しましょう。

専門性の高い企業・人材に業務を任せられる

Webマーケティングの外注は、専門性の高い企業や人材に業務を任せられるため、成果が期待できます。WebマーケティングにはWebサイトやLPの制作・運用だけでなく、SNSや広告の運用など業務が多岐に渡ります。もちろん、それぞれ集客できるコンテンツを作らなければなりません。

自社内でWebマーケティングをしようと思うと、勉強から始めなければならず成果を出すまでに時間がかかってしまいます。目標達成のために専門性の高いWebマーケターたちがスキルやノウハウを提供してくれるため、自社に最適なコンテンツの作成・運営ができるようになるでしょう。

社内リソースの確保でコア業務に時間を充てられる

Webマーケティングを外注することで、社内のリソース不足を解消できます。結果的にコア業務に集中でき、生産性や収益性が向上できるでしょう。

Webマーケティングには情報収集・検索、Webサイト構築、広告運用など、さまざまなスキルが必要です。それらを全て社内で行うためには新しく正社員を採用したり教育したりしなければなりません。

営業活動や経営戦略の立案、サービス・商品の企画など、直接企業の利益に寄与するコア業務に専念するために、Webマーケティングを外注することは費用対効果を考えても良い選択だと言えます。

Webマーケティングを外注するデメリット

Webマーケティングを外注する前にデメリットも理解しておきましょう。外注のデメリットは、主に2つあります。

  • 外部依存が強まって社内にリソースが溜まりにくい
  • 依頼する企業・担当者によっては成果が出ないことがある

メリット・デメリットの両面を確認した上で、外注するかどうかを決定しましょう。

外部依存が強まって社内にノウハウが溜まりにくい

社内でWebマーケティングを行わないことで、社内にノウハウが溜まりにくくなるため、社内で再現することが難しくなります。社内での再現性がなければ、外部委託を続けなければならずコストがかさむ原因になるでしょう。

すべての業務を丸投げするのではなく、定期的に会議を行いながら課題解決に向けたアプローチを一緒にしていく姿勢が大切です。

ただし、企業やフリーランスによってはノウハウが溜まりやすいように対応してくれることもあるため、依頼前に相談しておきましょう。

依頼する企業・担当者によっては成果が出ないことがある

依頼する企業や担当者によって、経験年数や得意な業界、業務は異なるため、求めていた成果が出ない場合があります。

実際、Webマーケティングにおいて担当が変わったことで成果も変わったというケースは珍しくありません。しかし、契約時に企業の担当者を指名することは難しいです。

どのような担当者がつくか分からない点も、Webマーケティングを外注するデメリットと言えます。

その点、フリーランスであれば実績・経験を確認したうえで依頼できるため、期待値をすり合わせやすいでしょう。

Webマーケティングを外注する流れ

Webマーケティングを外注するときは、以下の3つの流れで実行します。

  • 依頼業務と求める成果を明確にする
  • 外注先を選定する
  • 提案内容を確認して外注先を決定する

流れを確認し、スムーズに依頼しましょう。

依頼業務と求める成果を明確にする

まず、依頼する業務内容と求める成果を明確にしましょう。できるだけ多く集客をしてほしいといった曖昧な依頼では、具体的な施策が出なかったり効果検証ができなかったりと求める成果を出せないことがあります。

依頼する業務内容と求める成果を明確にするためには、以下のことを掘り下げていきましょう。

  • Webマーケティングにおけるターゲットの詳細
  • 現状分析
  • 現在感じている課題

これらをまとめていけば、Webマーケティングでどのような成果を出したいのかが見えやすくなります。また、依頼時に短期目標と中長期目標を設定することで具体的な提案を受けられます。

外注先を選定する

つづいて、外注先を選定しましょう。インターネットで検索する方法がもっとも比較検討しやすいでしょう。求める成果を出してくれそうな外注先を選ぶために、以下のようなポイントをおさえましょう。

  • 自社と同じような業界・規模での実績を持っているのか
  • 自社の価値観に共感してくれるか
  • レスポンスが早いか・対応が誠実か

事前にホームページを確認することはもちろん、打ち合わせ時に実績を開示してもらいましょう。

また、相場が大幅にずれていないかもチェックすべきポイントです。Webマーケティングにおける相場は以下を参考にしてください。

依頼内容 相場
Web広告 広告費の20%前後
SEO コンサル:10〜50万円/月
サイト設計:10〜100万円程度
記事制作:1本5万円前後
SNS運用代行 10〜50万円/月
※投稿数によって変動あり
戦略設計 150~300万円
※工数によって変動あり

高すぎると費用対効果が感じにくく、安すぎると満足のいく成果が得られない可能性があります。相場に近い見積もり内容かどうかをチェックするようにしましょう。

提案内容を確認して外注先を決定する

依頼内容がまとまり、自社の求める成果を出してくれそうな企業が見つかったら実際に提案を受けましょう。課題や目標を丁寧に伝えることで、具体的な提案や見積書を提示してくれるはずです。

しっかり納得したうえで依頼をしなければ、成果が出ずに後悔することになりかねません。複数企業を検討し、自社に合う企業へ外注を依頼しましょう。

Webマーケティングの外注・内製の判断ポイント

Webマーケティングを外注すべきか内製すべきか、悩む企業は少なくありません。ここでは、Webマーケティングの外注・内製の判断ポイントについて解説します。

外注:専門性・最新情報のキャッチアップが必要な業務

専門性・最新情報のキャッチアップが必要な業務内容は、外注することをおすすめします。制作・広告・デザインなどは、付け焼き刃では成果は出にくいでしょう。専門性の高いスキルが必要なことはもちろん、マーケットのトレンドを知っていなければ多くの人に支持されるものを作り上げることはできません。

外注:知識・経験が重要な戦略設計(上流工程)

Webマーケティングの知識や経験が必要な戦略設計も外注することをおすすめします。施策の実行、検証・分析には一定の時間がかかるため、一度誤った設計をすると成果が出るまでに大幅な遅れが出るからです。

とくに、Webサイトへのアクセス数は伸びているものの売り上げに繋がらないといった悩みは多くの企業が抱えています。どのように収益化するかといった部分を外部にコンサルティングしてもらうことで、依頼費用以上の効果が見込めるでしょう。

内製:体制は整っており、部分的な支援を求めている場合

すでにWebマーケティングの体制が整っていて、部分的な支援が必要な場合は内製で十分です。部分的なアドバイスを受けられれば社内で運用できるフェーズまできているのであれば、ノウハウを社内に蓄積するためにも内製することをおすすめします。

ただし、一定期間内製で対応しても成果が出ない、下がったといった場合、外部からのコンサルティングを受け、戦略設計をし直すことも検討しましょう。

Webマーケティングの外注ならフリーランス活用がおすすめ

Webマーケティングの外注を検討しているのであれば、フリーランス活用も選択肢の1つとして検討しましょう。フリーランス活用がおすすめの理由は、主に3つあります。

  • 低コストで即戦力人材を活用できる
  • 専門性の高い人材を変動費で活用できる
  • フェーズに応じてフリーランスの変更ができる

積極的にフリーランス活用を視野に入れましょう。

低コストで即戦力人材を活用できる

低コストで即戦力人材を活用できることは大きなメリットです。業務範囲や専門性の高さによって金額は変わるものの、企業に発注するよりも低予算で依頼できます。

なぜなら、フリーランスの場合、最低発注金額などを設定しない方も多く、クライアントの予算にあわせて業務・支援を調整してくれるケースがあります。

なかにはスキルアップのために案件を引き受けており、収入を重視していない副業人材や、フリーランスも存在します。そのため企業では引き受けてもらえない低予算でも依頼できる可能性が高いです。一度相談をしてみることをおすすめします。

専門性の高い人材を変動費で活用できる

人件費は固定費のなかで大きな割合を占めていますが、フリーランスに外注すれば固定費を変動費化できます。正社員を雇うときには給与だけでなく社会保険料や福利厚生費も合わせて固定費が発生します。

また、企業にWebマーケティングを依頼すると多くの場合数ヶ月以上(月額)の依頼になり、まとまったコストがかかってきます。

一方で、フリーランスなら必要なときに必要な分だけ発注すれば良いため業務量に合わせて報酬を変動させられます。もし、自社で対応できる業務が多いなら、リソース・ノウハウが不足している部分だけをフリーランスに外注することも可能です。

フェーズに応じてフリーランスの変更ができる

企業の取り組むフェーズによって、行うべきWebマーケティング施策は異なります。フェーズに応じてフリーランスを変更することで、それぞれの施策のプロによる最適なWebマーケティングを行えます。

▼フェーズ例
第1フェーズ:広告配信・運用
第2フェース:コンテンツマーケティング
第3フェーズ:CVR改善

例えば、広告配信・運用に強いWebマーケティング会社が必ずしもCVR改善にも強いとは限りません。マーケティング施策ごと企業と契約を結んでいくのは工数面・コスト面ともに大変ですが、フリーランス活用であれば案件(施策)ごとに契約を交わすことができるのでおすすめです。

弊社Webマーケターマッチングサービスの「ミエルカコネクト」では、打つべき施策が変わるごとに最適なフリーランスをご紹介しています。今のフェーズの課題にあわせたマーケターをご紹介できるので、ぜひご相談ください。

Webマーケティングの外注なら「ミエルカコネクト」を活用

ミエルカコネクトは、Webマーケティング専門の業務委託のマッチングサービスです。

Webマーケティングを外注することで、社内で足りないノウハウ・スピード部分を補い、素早く成果につなげることが可能です。空いたリソースでコア業務に集中できるため、企業全体の生産性が向上することも期待できます。

もし、外注するのであればフリーランスの活用も検討しましょう。フリーランスであればコストを抑えられるうえに、自社のフェーズに合わせて都度最適なフリーランスと契約することが可能です。

ミエルカコネクトなら、御社にぴったりなWebマーケターをご紹介します。まずは実現したい成果や任せたい業務など、お気軽にご相談ください。

Webマーケティングのお悩みから、ぜひご相談ください!

紹介マーケターはマーケティングに精通したメンバーが全員面談済み。
一人一人の経験や強みからビジネスを前進させるマッチングを実現します。