導入事例

  1. 導入事例
  2. 株式会社UTプロダクツ

中小企業のWebマーケ!社内に無い知識はプロ人材の業務委託採用で学習+施策推進

株式会社UTプロダクツ

左から株式会社UTプロダクツ 井川翔一郎様、株式会社Faber Company 吉田朋生(以下、井川様、吉田)
左から株式会社UTプロダクツ 井川翔一郎様、株式会社Faber Company 吉田朋生(以下、井川様、吉田)

これまでWebマーケティングに携わる業務は井川様がほぼ一人で進めきたUTプロダクツ様。
大学の研究者たちの中には研究費が足らずにやりたい研究ができない方がたくさんいる。
その人たちにどうにかして事業で得た収益を還元して研究を支援したいという思いで立ち上げた「大学研究生まれの美容と健康のセレクトショップオープンラボ」。しかし、オンライン広告の経験者がおらず試行錯誤が続いていました。

そんな中、企業とプロマーケターを業務委託マッチングするミエルカコネクトを利用してプロマーケターに業務を依頼することでオンライン広告施策が一気に加速。

当時の課題とこれまでの取り組みについて伺いました。

会社に知識のない領域の業務は経験者の業務委託採用で即解決

会社に知識のない領域の業務は経験者の業務委託採用で即解決

――どういった課題があってミエルカコネクトに相談されたんでしょうか。

井川様:当社はWebマーケティングの知識があまりありませんでした。私が自分で学習しながら業務を進めています。
サイトを作って、SNSで発信したらアクセスが増えて購入数も増えるのかなと思っていましたが、実際は検索しても出てこないといった状態でその原因も分からなかったのです。

情報収集する中でSEOというのが大切なのだと知りましたが、自分一人では知識がないので実行は難しい。展示会でSEO管理分析ツールのMierucaを知って利用をはじめた時はそんな状況でした。

検索順位を上げたいという課題についてはMierucaによってほぼ解決したと感じています。
狙っているキーワードで1∼2位を推移し、注文も発生していました。
注文が発生する事実が確認できたので今度は広告を出そうと考えたのですが、今度は広告のやり方がわからないという壁に。

そんな時、MIERUCAが開催するミエルカ大学という勉強会で即戦力のWebマーケターと業務委託でマッチングできるミエルカコネクトというサービスを知り、やってみようと相談させていただきました。

――相談を受けてどのようなマーケターを紹介したのですか?

吉田:井川さんは最終的には自分で広告運用をやっていきたいという要望がありました。業務を行いながら内製化を進めていく関わり方が良いだろうと思い、それを実現できる人を探していました。
紹介したマーケターの鈴木さんは広告運用で十分な業務経験があり、また、取り扱っている商品ジャンルの知識もあったので、内製化の支援と実務を両立できると判断しご紹介しました。

――候補のマーケターからお会いしたのは鈴木さんお1人でしょうか?

井川様:はい。吉田さんが仰っていたように知見があるということと、私達が販売している美容系・健康系の商材に携わっていた経験のある方だったので一発で決めました。

――プロジェクトが始まってから1ヵ月ちょっとですが、ここまでの取り組みは100点満点で何点になりますか?

井川様:現状で言うと80点ですね。
今はLPの作り方を一から教えていただき、LPを作る上ではこういうことが大切なのだとすごく勉強になっています。
マーケターを選定いただく時に「内製化できるように支援してほしい」という意向を聞いていただいているのだなと感じています。

残りの20は最終的なゴールはリスティングで売上を上げるということで、その結果はこれからなので保留という感じです。
ただし、現状の取り組みにはとても満足しています。

業務推進と学習を同時に実現したい。選んだのはプロマーケターの業務委託

業務推進と学習を同時に実現したい。選んだのはプロマーケターの業務委託

――オンライン広告を依頼する場合、自分たちでやる、広告代理店へ依頼する、フリーランスに依頼するなどいくつか手段があると思います。その中でなぜミエルカコネクトを選ばれたのでしょうか?

井川様:理由は二つで一つは予算内に収まりそうだったこと。もう一つは自分の周りにオンライン広告を依頼できる人材のツテがなかったことです。

弊社の予算だと広告代理店さんでは十分に手をかけていただくのは難しかったんじゃないかと感じます。
私も代理店出身だったので分かるのですが、複数のクライアントを掛け持っていて、どうしても予算が潤沢な企業にリソースを割くことになります。
予算の少ない弊社には肩入れしていただくのが難しかっただろうなと。

また、代理店は自分が全てお任せになるので業務を進めながら自分が広告運用を学ぶことはできません。私の場合、将来的には内製化したいという想いがあったので代理店ではない選択の方が良かったわけです。

一方、個人で勉強しながらでは技術習得に時間がかかるのでそれも現実的ではない。その領域の実務経験がある人を入れるのが一番と判断しました。
ただ、自分の周りにオンライン広告を経験した事のある人がいなかったので、人脈から探すこともできませんでした。

本来、自分の周りに任せたい領域の知識を持った人がいればその方に協力してもらったら良いと思います。その方がより意思疎通しやすいですし。

私の場合はオンライン広告を専門的にやっている人が周りにいなかったので、そういう場合は人脈から探すのと並行してマッチングサービスを利用しても良いかなと思います。

――最終的な成果はこれからと思いますが、改めてここまでの取り組みについていかがですか?

井川様:そうですね、最終の目標はまだですが現時点ではLPの作り方のような業務の進め方を学ばせてもらっています。キーワードの選定の仕方やこれまで出していたLPの改善点など、一人で勉強しながらでは得られなかった知識を得ている感覚があります。
なので、先ほど言ったように80点の満足度です。

LPを完成させてからは、売上を増やせるよう最善を尽くしていきたいと思います。

――私たちに協力できることがあれば何でも言ってくださいね。本日は貴重な時間ありがとうございました。

プロWebマーケターを探す