1. 法人TOP
  2. 導入事例
  3. 株式会社メディアソフト

「紙→Webへ、変革の道筋を示してくれた」。約30人の出版社が外部人材のメソッドを導入し、新たなビジネス領域の拡張に成功。

株式会社メディアソフト

「我々に足りない部分を外部人材が埋めてくれた」――。
そう振り返るのは、株式会社メディアソフトの倉永一郎氏。

同社は、パズル雑誌・コミックス単行本などを販売する約30人の出版社で、2020年に初めてWebメディアに挑戦した。「オトナライフ」は、iPhoneやandroidなどスマートフォンにまつわるハウツー系のコンテンツを軸に発信を行うメディア。速報・ニュース系のコンテンツを軸に2018年にスタートしたが、2年弱もの間低迷していた。

そんな状況を変えたのがWebマーケター専門のマッチングサービス「ミエルカコネクト」だった。人手不足や知識不足を解消するため、外部人材の活用を決断。ミエルカコネクトから派遣された関氏との取り組みの結果、売上は約24倍にまで成長し、Webメディア単体での黒字化にも成功している。

「SEOやWebサイト運営のノウハウは何一つなかった」という倉永氏。
どのようにサイトを伸ばしてきたのか。責任者として立ち上げから関わる倉永氏やサポートを担当したFaber Companyの喜屋武に伺った。

紙媒体との違いに苦戦する出版社発のWebメディア。2年以上黒字化できなかった

メディアソフトは、1999年創業し、パズル誌・コミックス単行本・エンタテインメント誌等を発行する出版社。これまでに電子コミックは展開してきたが、Webメディアの運営は初めての試みだった。立ち上げの背景を倉永氏は下記のように語る。

「ご存知の通り、出版業界は右肩下がりとなっており、新しい挑戦をしていかなければという危機感を持っていたところで、社長から『Webサイトやってみたら』と声をかけられました。社内にWebメディア運営のノウハウを持つ人間は誰1人いませんでしたが、3年で黒字化を目指すように言われて。不安だらけの中、当初は私一人での立ち上げとなりました」(倉永氏)

メディアソフト倉永様
(立ち上げ時の状況について語る倉永氏)

だが倉永氏は、「紙からWebに移行する、いいきっかけ」と捉えた。倉永氏はインターネット黎明期にPC雑誌を創刊した経験があり、その後もスマホやPC関連の書籍に携わっているため、日ごろから付き合いのあるライターや編集プロダクションもいる。そこで、スマホやガジェットを軸にしたメディアを立ち上げることにしたという。

会社によっては、初期投資として一気にリソースを投下して軌道に乗せるというやり方もある一方で、メディアソフトが取った方針は少ない予算でのスモールスタート。ある程度収益化まで長期間を見積もってスタートさせたが、厳しい状況が続いた。

「ファッション誌のような雑誌の冠(名前)がついているWebメディアであれば知名度が高い状態で始められますが、当社にはそれがないため、認知度はゼロ。SNSもなかったため、検索からの流入を増やすことを目標にしていました。しかし、いくら記事をアップしても検索からの流入は増えず、検索してもヒットしない、検索に表示させる方法を知っている人もいない…。何とか軌道に乗せるために、Web関係の仕事をしている方を探してとにかくお会いして、ノウハウを得ようとしましたが、なかなか上手くはいかなかったですね。」(倉永氏)

出版社は書籍や雑誌を創るコンテンツ制作のプロであり、ライターへの発注などは慣れている。しかし、書籍制作とWebメディア運営では、ライターへの発注の仕方は大きく異なることが、倉永氏を悩ませた。

「キーワードのボリュームを確認して、ある程度タイトルや見出しは決めて発注するようにしていましたが、細かいことはほぼライターにおまかせ状態。日ごろから付き合いのあるライターも、SEOについての知識がない人しかいませんでしたので、紙媒体と同じように記事を作ってWebで公開していました。それでも当初は、記事を上げれば読まれると思っていました。すぐに、計画が甘かったことに気づくのですが。(笑)」(倉永氏)

「予算がない×時間がない。」ないものづくしの中で、いかにWeb施策を進めるか

倉永様と弊社喜屋武の会議風景

目立った成果が挙げられないまま2年が経とうとしていた頃、倉永氏は他部署のメンバーからの紹介でSEOツール「ミエルカ」と出会う。ミエルカの話は、SEOについての知識が浅かった倉永氏にとって発見の連続であり、可能性を感じたことから導入を決めた。

特に気に入っていたのが、「ミエルカ大学」だったという。ミエルカ大学とは、ミエルカ導入企業向けに公開しているセミナーや動画をメインとした学習コンテンツ。オンラインで視聴可能な動画を200本以上納めており、SEOやコンテンツ運用術のスキル習得に活用できる。定期的にWebマーケティング関連のノウハウセミナーも開催しており、鈴木謙一や小川卓などの専門家講師に直接質問もできる。

SEOやWebマーケティングについて学ぶことで着実に知見は積み上がっていく一方で、倉永氏自身がSEOに関する知見を高めたとしても解決することが難しい3つの課題も出てきた。

      ①倉永氏自身が「構成案を作成する時間が取れない」
      ➁SEOを意識して書けるライターが周りにいない
      ➂優秀なSEOライターへの報酬問題

付き合いのあるライターや編集プロダクションに対し、ミエルカ大学を受講させることも考えたが、かかる時間などのコストを考慮すると非現実的。そんな時、当時のミエルカの担当者からWebマーケティング専門の人材マッチングサービス「ミエルカコネクト」を紹介された。

ミエルカコネクトが急成長の原動力に

「初めは、『どうせ人材派遣でしょう』と勘違いしていました。ただ、短期でコネクターの変更も可能だったので、ものは試しで1回試してみようと。良い人材が見つかればそのまま続ければいいですし、見つからなければそこでやめようと思って試してみました。」(倉永氏)

導入をサポートしたのはミエルカコネクトの喜屋武(きゃん)。当時の状況を次のように語る。

「メディアソフト様の課題は、SEO施策をドライブできる人材不足が根幹にあると感じていました。質の高いコンテンツは多くあるにも関わらず、検索結果で上位表示ができているものが少ない。また、収益を生む仕掛けなどが足りていませんでした。優秀なマーケターに参画いただくことで、これらを解決できると予想していました。そこで、特にニュース系のWebサイト運営経験があるマーケターを探して紹介いたしました。」(喜屋武)

弊社コネクト担当喜屋武
(サポートを担当したミエルカコネクト 喜屋武)

そして紹介されたのが、フリーのマーケターとして活躍されている関和音氏。倉永氏は初回MTGの際に、驚きを覚えたという。

「初回のミーティング終了直後に、頼んでもいない弊社サイトの分析結果を送ってくれたんです。その指摘が的確なものばかりでしたし、何よりそのスピード感に『この人は違うな』と。自分で探していたら決して出会うことができない人材でしたね。”優秀なマーケターと出会えること“がミエルカコネクトを活用する意義なのではないかと思います。」(倉永氏)

「ミエルカコネクトでは、『想像を超える才能とのご縁を紡ぐ』ということをビジョンにサービスの運営を行っています。今回のマッチングは我々の想いをまさに実現することができました。サポートの担当としても嬉しいスタートでした。」(喜屋武)

参画マーケター関様
<関和音(せきかずと);音楽ライターを経て、プログラミングスクールのオウンドメディアのSEOを担当。月間20万PVのサイトを月間100万PVにグロースさせた後、月間300万PVの女性向けキュレーションサイトのマネージャーを担当。独立後はフリーランスとして多くのクライアントのコンテンツマーケティングを行う>

外部人材との取り組みが、紙→Webへの変革の道筋に。

まず関氏と進めたのは現状分析だ。関氏は当時のオトナライフの状況を振り返った。

「これまでのデータを精査したところ、大手ドメインや各種公式サイトが上位を占有しているようなキーワードで大量に記事を作っている状態でした。立ち上げて間もないメディアが、いきなり大手ドメインや公式サイトに勝とうとするのは厳しい。ただ、やはり紙媒体出身の方たちが作っているので、コンテンツはきちんとしたものが多い。戦略さえきちんとできれば、流入を増やしていけるはずだと考えました」(関氏)

さらに深掘りして、ドメインパワーや既存記事、自然検索からの流入状況などの分析を実施。検索流入が取れそうなキーワードを洗い出し、競合他社がどんなキーワードでコンテンツを制作しているかなども明らかにした。

「『今のオトナライフの状況を踏まえると、検索ボリュームの多いキーワードで戦っても勝てない』とはっきり言われたことは今でも覚えています。このように間違った方向性は例を挙げればキリがありませんが、Webへの変革は関さんとの取り組みのおかげでもあります。本当に感謝ですね。」(倉永氏)

過去最高のPV数、売上を達成、2年で売り上げが約24倍に

売上増

倉永氏と関氏は、

  • ・重複コンテンツの統合やリダイレクト
  • ・タグの設置や表記方法
  • ・ページ分割

などの記事内容以外の部分についても、最適化の取り組みを進めてきた。

その結果、2022年3月時点で、関氏との取り組み開始から公開した記事の2割が検索3位以内、半数が10位以内、9割が20位以内にランクインしている。

売上に早く貢献するには、早く検索上位表示を実現しなければならない。そこでまずは、オトナライフと同等かそれ以下のドメインパワーを持つWebサイトが上位を取っているキーワード群に絞った。それらのキーワードで1つずつ検索上位を取れるよう記事作りを進めつつ、既存記事のリライトやタグの整理なども同時進行した。

すると、PV数と売上は順調に伸び、2022年1月には過去最高のPV数と売上を達成。検索表示回数はコネクト導入からわずか3か月で1.8倍にまで伸びた。倉永氏は「関さんとの取り組みがなければ出なかった数字」と手ごたえを感じている。何よりもよかったことは、Webメディア運営に関する壁打ち相手になってくれたことだという。

「今までSEOやコンテンツ制作について相談できる相手がいなかったので、関さんがいてくださって本当に助かっていますし、大変勉強になっています。こんなに懇切丁寧に伴走してくれる人はこれまで出会ったことがなかったので、これからも長くお付き合いをしたいですね」(倉永氏)

今後のオトナライフでは、検索ボリュームのあるキーワードにもチャレンジし「しっかり軌道に乗せて会社の売り上げに貢献できるように」と倉永氏は意気込む。また、一定の月間売上を達成した後には、これまでのノウハウを生かして新メディアの立ち上げも構想中だ。紙からWebへの移行は、出版業界にとって喫緊の課題である。メディアソフトの挑戦は、まさに出版社のデジタル化の1つの道筋を示しているのではないだろうか。

ミエルカコネクトでは今回のようにWeb上での施策が初めての方はもちろん、Webマーケティング領域におけるリソース不足・ノウハウ不足でお困りの企業さまに、多くご相談いただいております。ぜひご興味のある方はお気軽にご相談ください。

Webマーケティングのお悩みから、ぜひご相談ください!

紹介マーケターはマーケティングに精通したメンバーが全員面談済み。
一人一人の経験や強みからビジネスを前進させるマッチングを実現します。

こちらの事例もあわせて読まれています

導入事例をもっと見る
マーケ相談(無料) 資料ダウンロード