1. 法人TOP
  2. コネクトナレッジTOP
  3. アクセス解析の費用相場を徹底解説!自社に合ったサービスの選び方とは

アクセス解析の費用相場を徹底解説!自社に合ったサービスの選び方とは

アクセス解析の費用相場を徹底解説!自社に合ったサービスの選び方とは

Webサイトを運営しているものの、目的の成果を得られていない場合はアクセス解析で得られたデータを参考に対策を練ることをおすすめします。アクセス解析はサービスを提供している代行会社に依頼したり、ツールを使用したりすることが可能です。今回はアクセス解析ツールやサービスの費用相場や、自社に合ったサービスの選び方について詳しく解説します。Webサイトの運用方法に悩んでいてアクセス解析の導入を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

アクセス解析とは

アクセス解析とは、Webサイトがどのような意図で検索・閲覧をされたのかを知る1つのツールです。

データとしてアクセスの意図を解析することで、Webサイトのどのページがよく閲覧されているのか、日や曜日、月によってアクセス数に変化はあるのかなど、ユーザーの動向を知れるメリットがあります。

しかしながら、アクセス解析で得られたデータをうまく活用できていない企業も多く存在するのが現状です。現代はインターネット社会だからという理由でなんとなくWebサイトを設置している企業もありますが、大切なのは「Webサイトにアクセスしてもらう」ことではなく、商品やサービスの販売といった利益にコミットできる成果を得ることです。

ただ商品やサービス、自社の紹介をWebサイトに掲載するだけでは利益は生まれません。きちんと目的に沿ったWebサイトへの誘導や閲覧、購入までの流れを作るために必要な情報が、アクセス解析で得られるデータには含まれているのです。

アクセス解析ツール・サービスを使用する目的

なぜアクセス解析を行うのか、導入前に理解を深めておくことが大切です。Webサイトの運用方法を知りたい方は、以下の3つの要点をしっかり確認しましょう。

Webサイトの現状把握

サービス内容や業種に限らず、まずは自社のWebサイトの現状を把握することが大切です。成果が思うように上がっていないのであれば、その原因を探ることから始めましょう。

たとえば、毎月順調に利益が上がっていたWebサイトが、ある一定の期間、アクセス数をはじめページや商品のクリック数が減っている場合、何らかのシステムに異常がある可能性があります。

また、Googleをはじめとした検索エンジンのアルゴリズムの変更の影響で、検索順位が変動している可能性も考えられるでしょう。

アクセス解析を利用すれば、このようなクリック数や順位の変動にいち早く気付き、原因を解明して適切な対処が行えます。

ユーザーのニーズや行動分析

アクセス解析を行うことで、ユーザーのニーズを的確に把握できます。Webサイトのどのページに興味を示しているのか、日や月によって注目されているページはあるかなどユーザーの行動を知り、より効果的な運用戦略を考えてみましょう。

アクセス解析の内容によっては、ユーザーの年代やWebサイトの閲覧時間、離脱率など詳しい行動分析が行えます。そのデータを参考に商品の選別やサービス内容の見直しを行うことで、各企業がWebサイトを運営する目的を達成できる可能性があります。

改善施策の効果検証

Webサイトへ集客するために、あらゆる施策を試行錯誤しながら運営している方も多いでしょう。SEOや広告運用、SNSを利用したマーケティングを活用しながら集客をするのが一般的な方法となっています。

アクセス解析を行えば、ユーザーの流入経路がわかるため、どの施策が効果を上げているのかがわかります。効果を上げている施策を中心に運用戦略を練ることで、より多くの集客や成果を得られる可能性があるので、上手に活用していきましょう。

同じ施策を続けていても、ユーザーのニーズの変化や検索順位の変動によって集客効果が下がる場合もあります。定期的にアクセス解析を行いながら、その都度有効的な施策を試していくことが効果的でしょう。

アクセス解析ツール・サービスの費用相場

アクセス解析はツールを用いて自社や個人で行うほかに、専門の代行会社にデータ分析を依頼することも可能です。アクセス解析ツールやサービスの気になる費用相場を紹介しますので、利用を検討している方は予算決めの参考にしてください。

自社内でツールを利用して解析する場合

アクセス解析ツールは、無料の「Google アナリティクス」や「Google Search Console」などツールを利用すれば、基本的には費用がかかりません。ただし、アクセス解析ツールの利用そのものは無料ですが、得たデータから情報を分析する社員は必要となります。アクセス解析は、ただデータが得られれば終わりではなく、そこから分析を行い、戦略を練ることが目的です。

データの分析は決して片手間でできる作業ではありませんので、アクセス解析を行う社員の人件費がかかることを見込んでおきましょう。また、アクセス解析の知識がある社員がいない場合は、社員の教育の手間がかかることも留意しておくべきポイントです。

アクセス解析代行会社に依頼する場合

企業やWebサイトの規模、実績によってアクセス解析の費用が異なります。代行会社によっても費用は異なり、料金はピンキリです。

一律の月額料金でアクセス解析を行っている代行会社もあれば、Webサイトの規模によって料金を決めている代行会社もあるので、業者選定の際には複数業者で見積もりをとるようにしましょう。

アクセス解析の料金相場は以下を参考にしてください。

初期費用
無料~数万円
月額費用
レポートのみの場合 数千~数万円
レポート+解説 数万~数十万
コンサルティング 数十万~数百万
スポット解析
数万~数十万円

 

アクセス解析だけではなくコンサルティングをお願いしたい場合は、予算は高く見積もっておくことをおすすめします。

アクセス解析ツール・サービスの選び方|3つのポイント

アクセス解析ツールや代行会社を利用するなら、目的に合ったサービスを選ぶことが大切です。余計なコストをかけないためにも、以下3つのポイントを参考に、自社に合ったアクセス解析ツールやサービスを選んでください。

1.目的に沿ったデータが得られるか

まずはWebサイトの目的を明確にし、その目標に必要なアクセス解析は何かを考えてみましょう。

商品を販売しているWebサイトであれば、デバイスごとのアクセス数やユーザーの年齢・性別などがわかれば、より閲覧しやすいWebサイトを構築することで売上がアップする可能性があります。サービスや情報を発信するWebサイトなら「何を経由して自社サイトにたどり着いたのか」を分析し、集客方法を見直してみるのが効果的です。

アクセス解析ツールやサービスのレポート内容に欲しいデータ項目があるかどうか、得られるデータ内容をしっかり確かめてから契約してください。

2.コストは適正か

どんなに詳細で有用なデータが得られるアクセス解析ツール・サービスでも、利益よりもツールやサービスの費用が上回ってしまえば本末転倒です。Webサイトを運営していく中で、無理なく続けられる費用かどうかは重要なポイントです。

アクセス解析の最終目的は、データ分析によるコンバージョンです。アクセス解析ツール・サービスにいくらまでならかけても損にならないか、損益分岐点を考えてみましょう。

また、アクセス解析ツールやサービスは、試用期間やトライアルサービスを提供している場合があります。自社サイトに合ったアクセス解析を行うためにも、試用期間やトライアルサービスを活用しながら比較してみてください。

3.解析の頻度や範囲は適正か

アクセス解析の頻度が多かったり分析範囲が広くなったりすると、その分コストもかさむ傾向にあります。費用をなるべく抑えるためにも、自社のWebサイトに必要なアクセス解析の頻度や範囲を見極めましょう。

週に1回、月に1回など定期的なアクセス解析を検討している方は、各ツールやサービスの料金を比較してみてください。成果を得るために頻繁にアクセス解析を行いたい方は、月額料金で利用できるツールやサービスを利用するのも手です。

アクセス解析の範囲は広ければ広いほど詳細なデータを得られますが、実際に成果につながるデータを見極めて利用し、コストを抑えて無理なく続けていきましょう。

アクセス解析をフリーランスに依頼するメリット

フリーランスとは、会社や団体に所属していない人材のことです。アクセス解析に特化した、高いスキルを持つフリーランスも活躍しており、たくさんの企業が依頼しています。

フリーランスにアクセス解析を依頼するメリットを紹介しますので、代行会社の利用を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

コストを抑えられる

フリーランスの場合、一般的には個人契約となるため、代行会社など企業や団体に依頼するよりも費用が安く済む可能性があります。

アクセス解析の費用相場は幅がありますが、継続してデータ分析を行うことを考えると、費用はなるべく抑え支出を減らしたいのが本音でしょう。

同じアクセス解析頻度や範囲でも、フリーランスであれば割安で依頼できる場合があるので、代行会社に依頼を検討中の方はあわせてフリーランスへの依頼も検討してみてはいかがですか。

ただし、費用だけでサービスを選ばないようにしてください。必要なレポート内容であるか、データ分析の頻度は的確かどうかなど重要なポイントを確認してから契約することが大切です。

アクセス解析に精通した人材に依頼できる

アクセス解析をメインに請け負っているフリーランスは、Webサイトの運用に精通した人材ばかりです。「GAIQ」や「上級ウェブ解析士」といった、アクセス解析に役立つ資格を持ったフリーランスも多く活躍しています。

ECサイトのアクセス解析に精通した方もいれば、大規模サイトのコンサルティング経験が豊富な方もいるので、自社のWebサイトの目的や規模に合ったフリーランスを探してみましょう。

アクセス解析に精通した人材に直接相談や依頼ができるのは、フリーランスならではの魅力です。

柔軟に対応してもらえる

フリーランス契約は個人とのやり取りになるため、密にコミュニケーションが取れるのが嬉しいポイントです。はじめてアクセス解析を依頼する方も、フリーランスであれば気になる点や不明点を気軽に質問しやすいのではないでしょうか。時間や対応内容についても相談ができ、柔軟に対応してもらえる場合が多くあります。

フリーランスは、依頼者それぞれの要望に寄り添いながらアクセス解析を行っています。Webサイトの運営方法や集客方法などを相談しながら自社に合ったプランを検討したい方は、ぜひ気になるフリーランスに問い合わせてみてください。

ミエルカコネクトの事例紹介と料金例

アクセス解析の実績豊富なフリーランスを探すなら、人材マッチングサービスの活用がおすすめです。多数の人材の中から、自社の目的や希望に最もマッチした人材を探すのに役立ちます。

ここでは一例として、ミエルカコネクトにおけるアクセス解析の支援例を紹介しますので、参考にしてください。

支援内容

Webサイトへの流入改善のためのアクセス解析・サイト改善提案

  • 納品レポート10ページ程度
  • お打ち合わせ3回
  • 納期1か月
参画
マーケター

スキル

アクセス解析|Webサイト改善|集客改善|社内教育・内製化支援|Googleアナリティクス|GA4|データポータル|GTM設定

実績・経歴

  • Google Analytics4によるアクセス解析スキルを軸に、Webマーケティングの改善提案と実装が得意
  • 現在、某出版社が運営する月間7000万PVのWebメディアの解析を担当
  • データが取れるものなら、どんな業種・業界・業態も対応可能
費用 30万円

まとめ

Webサイトを運営する目的である「成果」を得るためにも、アクセス解析を活用しましょう。集客や売上が思うように伸びない場合など、アクセス解析で得られたデータを上手に活用することで、Webサイト運営上の問題や課題を発見できる可能性があります。

アクセス解析は無料ツールを利用する方法や有料のツール、代行会社に依頼する方法があるので自社に合ったサービスを選びましょう。最近はアクセス解析に精通したフリーランスに依頼するケースも増えています。気になる方はアクセス解析の実績豊富なフリーランスに依頼を検討してみてください。

アクセス解析のプロを探すなら『ミエルカコネクト』

ミエルカコネクトは、Webマーケティング専門の業務委託のマッチングサービスです。

ミエルカコネクトはWebマーケティング領域専門の人材マッチングサービスです。
フリーランスや副業の即戦力として現役で活躍しているマーケターが所属しており、多数のサイトのアクセス解析を行ってきた人材をご紹介することが可能です。

アクセス解析のプロに、自社のサイトの改善点を見つけてほしいという企業の担当者様は、ぜひご相談ください。

Webマーケティングのお悩みから、ぜひご相談ください!

紹介マーケターはマーケティングに精通したメンバーが全員面談済み。
一人一人の経験や強みからビジネスを前進させるマッチングを実現します。