1. 法人TOP
  2. コネクトナレッジTOP
  3. 広告運用の人材はなぜ必要?雇用する方法・外部マーケターのメリットとは

広告運用の人材はなぜ必要?雇用する方法・外部マーケターのメリットとは

広告運用の人材はなぜ必要?雇用する方法・外部マーケターのメリットとは

広告運用はメディア広告だけでなく、デジタルマーケティングが主流となってきています。

デジタルマーケティングはトレンドが目まぐるしく入れ替わる上、手法自体も非常に多いです。

スマホが普及し、インターネット広告を活用する企業が増えた今、広告運用人材の獲得は企業にとって急務といえます。

広告運用マーケター人材の必要性

広告運用マーケター人材はなぜ必要なのでしょうか?

その理由は2つあります。

  1. デジタルマーケティングの普及
  2. 豊富なスキル・ノウハウの獲得

広告運用の方法が拡大している今、さまざまな手法で自社のPRが必要です。

マーケターを雇用する前に、今一度広告運用の重要性を知っておきましょう。

デジタルマーケティングの普及

メディアや看板広告がメインとなった時代が終わり、デジタルマーケティングが主流となっています。

デジタルマーケティングは常に新しい手法が生まれており、自社で従来業務をこなしながら、最新情報をキャッチアップするのは至難の業。

そのため、広告運用の専門家であるマーケターを雇用することで、デジタルマーケティングの最新手法を駆使して自社をPRできます。

デジタルマーケティングの手法は、サイト運営やSNS運用、メールマガジンなど多数の方法があります。

マーケターを雇用して幅広い手法を試すことで、自社リード・顧客に対して有効なマーケティング施策が見つかりやすくなるでしょう。

豊富なスキル・ノウハウの獲得

広告運用マーケターは、広告運用のプロです。

特にデジタルマーケティング分野では、幅広いジャンルの広告があり、自社で全ての広告手法を把握するのは困難でしょう。

SNS運用、サイト制作、アプリの運用など自社で打ち出したいネット広告に合わせ、人材を雇用すれば、その人材が持つスキルやノウハウをシェアできます。

自社でデジタルマーケティングの経験がなくとも、優秀なマーケターを雇用すれば、広告運用の相談ができ、体制を作っていけるでしょう。

広告運用人材を雇用する方法とは

広告運用人材を雇用する方法は、大きく分けて以下の3つです。

  1. 自社で専任チームを立ち上げる及
  2. プロマーケターに業務委託する
  3. Webマーケティング会社に一任する

自社で新しく広告運用を任せる人材を雇用する際は、この3つの方法を比較し、コストやリスクが低い方法を選びましょう。

自社で専任チームを立ち上げる

広告運用人材のためのチームを立ち上げ、自社で広告運用を始めることができます。

チーム体制を整えておけば、今後も広告運用をする際に人材を都度雇用したり外注しなくて良くなるでしょう。

自社で広告運用チームを立ち上げるメリット、デメリットを紹介します。

メリット

自社で広告運用専任チームを立ち上げると、以下のようなメリットを享受できます。

  • 自社で広告運用の知識・ノウハウを蓄積できる
  • 外注するよりもコストが低い可能性がある

広告運用チームを立ち上げる際は、リーダーのみ雇用して自社社員でチームを賄うことができます。

外注するよりもコストが低くなる可能性が高く、また複数のマーケターを雇用するより企業リスクも低いでしょう。

デメリット

広告運用チームを自社で運営するデメリットは以下の通りです。

  • 広告運用の勉強が必要
  • リソース不足の会社ではチーム運営自体が難しい
  • 残業代が増えるなどのコストがかかる

自社チームで広告運用する場合は、広告運用についての知識をつける研修・セミナーへの参加が不可欠です。

そのためのコスト・時間が必要であり、準備に時間がかかります。

なおリソースが不足している企業では、そもそも自社で広告運用チームを立ち上げること自体難しいです。

無理にチームを作ると従来の業務に負荷がかかり、会社全体の残業が増えてコストがかかるケースもあります。

初めて広告運用をする場合は自社で賄うよりは、次から紹介する業務委託またはマーケティング会社への委任がおすすめです。

プロマーケターに業務委託する

プロマーケターとは、広告運用を専門とする職種です。

広告運用の経験が豊富で、複数の企業広告を運用しています。

プロマーケターに広告運用を任せるメリット、デメリットを比較するので、自社に合う雇用方法を検討してみてください。

メリット

広告運用をプロマーケターに依頼すると、以下のようなメリットがあります。

  • プロマーケターの知識をシェアしてもらえる
  • 自社でマーケティングのノウハウを蓄積しやすい
  • Webマーケティング会社へ依頼するよりコストが低い

広告運用のプロであるマーケターは、広告代理店やマーケティング会社の勤務経験があるケースがほとんどです。

そのため、個人であっても知識が豊富で、自社にそのノウハウをシェアできます。

またWebマーケティング会社への依頼は高額ですが、必要なリーダー格の人員のみを雇用することで、コストを下げられるでしょう。

企業としては広告運用に必要な人材のみを雇用した方が、リスクを減らせます。

デメリット

広告運用をプロマーケターに依頼する場合は、以下のようなデメリットも想定されます。

  • 実績のあるマーケター探しの手間がかかる
  • 結果が100%出るとは限らない
  • マーケターと別途人員が必要になるケースもある

個人のプロマーケターの質を精査し、自社の目的を叶えてくれる人材を探す手間は企業側が負うこととなります。

そのため人員が見つからず、なかなかマーケターを雇用できないことがあるでしょう。

またプロマーケターであっても100%結果を保証できません。

コストをかけて結果が出ないケースもあるため、費用対効果の検証も必要です。

なお、リーダー格のマーケターのみを雇用する場合は、サポート業務を担う人員が必要となります。

自社リソースから割り当てる場合は他部署との調整が必要です。

マーケターに外部人材を雇用してもらうこともできますが、その際はもちろん外注費用がかかるため、予算上厳しくなることがあるでしょう。

Webマーケティング会社・広告代理店に一任する

広告運用をWebマーケティング会社・広告代理店、運用代行会社に一任する方法もあります。

広告代理店とは、名前の通り広告の代行業務サービスを行います。広告運用だけの委託なら、広告代理店・運用代行会社を使うケースが多いです。

Webマーケティング会社とは、デジタルマーケティングに特化した企業で、サイト運営やSNS運用など、幅広いデジタル広告の専門家です。

Webマーケティング会社・広告代理店、運用代行会社に一任するメリットとデメリットを説明します。

メリット

Webマーケティング会社・広告代理店、運用代行会社に広告運用を任せれば、企業側にとって以下のようなメリットがあります。

  • 自社リソースを使わず広告運用を任せられる
  • 広告運用の企画から計測まで一任できる
  • 結果が出やすく集客効果が高い可能性がある

Webマーケティング会社・広告代理店、運用代行会社に広告運用を依頼すれば、自社リソースを使わずにデジタルマーケティングを一任できます。

リソースが少ない企業や、広告運用について全くわからない場合は、Webマーケティング会社・広告代理店、運用代行会社に依頼した方が効率が良いでしょう。

Webマーケティング会社・広告代理店、運用代行会社は、デジタルマーケティングの企画から結果計測、改善まで一括して行います。

そのためPDCAを繰り返し、企業側が求める目標に到達しやすいです。

デメリット

Webマーケティング会社・広告代理店、運用代行会社に広告運用を依頼する場合は、以下のようなデメリットが発生する可能性があります。

  • コストがかかる
  • マーケティング会社によって対応業務範囲が異なる
  • 結果を保証するような悪質なマーケティング会社がある
  • 自社にノウハウが蓄積しづらい

Webマーケティング会社や広告代理店、運用代行会社へ依頼するには当然、手数料がかかります。

代理店によっては、最低運用金額が決められていたり、広告予算に応じてサポートの手厚さも変わってきたりしてしまいます。

そのため広告予算をかけられない企業の場合は、Webマーケティング会社・広告代理店、運用代行会社を利用しづらいことがあるでしょう。

また近年、結果を保証するとうたい、高額コンサル料を請求する悪質な企業も増えてきました。

悪質なWebマーケティング会社・広告代理店、運用代行会社企業を避け、自社の目的を叶える会社を探さなければなりません。

外注で広告運用をすれば自社の手間は削減できますが、その代わりにノウハウは蓄積しづらくなります。

契約期間終了後の運用について、自社内でも体制を整えておく必要がある点も覚えておきましょう。

広告運用は外注がオススメな理由

広告運用に初めて取り組む場合は、外注が圧倒的におすすめです。

なぜ広告運用を外部人材に任せるべきか、その理由を解説します。

  1. 自社リソースの節約
  2. 人材採用のリスクを軽減
  3. 成果の出やすさ

広告運用を外注すれば、自社の手間を削減して最大限の効果が期待できるでしょう。

外部マーケターに広告運用を任せる利点について、1つずつ解説します。

自社リソースの節約

広告運用を外注すれば、自社リソースを節約できます。

広告は出稿すれば終わりではなく、継続的に運用しなければなりません。

外注はコストがかかるものの、長期的にみて成果が出やすく、自社で社員を雇用するよりもコストは低い可能性があります。

また自社のリソースを使わずに済むため、既存業務の遅滞を避け、他従業員への業務負荷もかかりづらくなります。

人材採用のリスクを軽減

能力の低いマーケターを正社員として雇用すれば、容易に解雇しづらくなり、それだけ人件費が嵩むでしょう。

求めた仕事を達成できない人員に、給料を払わなければらないことは、人材採用最大のリスク。

しかし、外注であれば契約期間が決まっているため、企業にとってリスクが低いです。

成果の出やすさ

広告運用はさまざまな手法があり、一朝一夕に結果を出すことはできません。

そのため自社でマーケティングの勉強を始めたばかりの社員に、広告運用を一任するのは現実的に難しいです。

外部マーケターはすでに広告運用のノウハウがあるため、自社運用よりも結果は出やすいでしょう。

100%結果が保証されているわけではないものの、人材選びさえ間違えなければ、自社が求める目標値に達する広告運用ができる可能性は高いです。

広告運用を外注するデメリットとは

広告運用を外注するデメリットは以下の3つです。

  1. 自社に広告運用のノウハウが蓄積しづらい
  2. 人材探しが難しい
  3. 契約内容・依頼範囲の決定などのフローが必要

メリットだけでなく、デメリットも頭に入れた上で比較検討を行いましょう。

自社に広告運用のノウハウが蓄積しづらい

マーケターの外注はコストを抑える効果がありますが、その分自社社員が運用に携わりません。

そのため、自社の広告運用のノウハウが育ちづらいことが難点です。

自社リソースを割り振ってチームに配置し、マーケターの契約期間終了後の広告運用の準備をしておかなければなりません。

人材探しが難しい

広告運用を専門とするマーケターは、クラウドソーシングサイトにもたくさんいます。

しかし、全ての人材の実績を確認して、マッチングすることはかなりの手間です。

自社でマーケターとの直接交渉を行うには、それなりの手間がかかります。

契約内容・依頼範囲の決定などのフローが必要

広告運用を外部マーケターに依頼する場合は、契約条項や依頼範囲を決定しなければなりません。

契約内容に不備があると、企業側が損をすることもあります。

初めて外部マーケターを雇用する場合は、そもそも依頼範囲や契約内容が決められず、条件面の設定自体に時間がかかることがあるでしょう。

広告運用の外部人材をお探しなら「ミネルカコネクト」

ミエルカコネクトは、Webマーケティング専門の業務委託のマッチングサービスです。

幅広い広告運用を行うためには、外部マーケターへの依頼をおすすめします。

しかし、マーケターの雇用が初めての場合は、人材探しや契約内容の精査など、企業側にとって負荷がかかる業務が多いはず。

マーケター探しなどの手間を省きたいなら「ミエルカコネクト」の利用がおすすめです。

ミネルカコネクトはWebマーケティング専門の人材マッチングサービスで、企業から即戦力のあるWebマーケターに業務委託することができます。

このミネルカコネクトを運営する株式会社Faber Company(ファベルカンパニー)はWebマーケティング支援歴17年の知見を持つ、老舗のWEB集客専門会社です。
ミエルカコネクトには様々なバックグラウンドを持つハイスキルなマーケターが700名以上所属しています(2022年9月末)。

ミネルカコネクトがおすすめの理由は
・役員が面談して通過したマーケターのみを紹介してくれる
・Webマーケティングの知見を持ったスタッフが選定するのでミスマッチが少ない
という2点になります。

もし、優秀な広告運用の外部人材をお探しでしたら、ミエルカコネクトにもご相談ください。
御社の課題とご予算に合わせた適切なWebマーケターをご紹介いたします。

Webマーケティングのお悩みから、ぜひご相談ください!

紹介マーケターはマーケティングに精通したメンバーが全員面談済み。
一人一人の経験や強みからビジネスを前進させるマッチングを実現します。