1. 法人TOP
  2. コネクトナレッジTOP
  3. Web広告運用に必要なスキルとは?効果的なWeb広告運用のコツも紹介

Web広告運用に必要なスキルとは?効果的なWeb広告運用のコツも紹介

Web広告運用に必要なスキルとは?効果的なWeb広告運用のコツも紹介

インターネット利用者の増加に伴ってWeb広告の運用を始める企業は多くありますが、具体的な広告運用に必要なスキルや、効果的な広告運用の方法はよくわからないですよね。

Web広告運用の方法はインハウスと外注がありますが、どちらにしてもWeb広告運用のスキルと運用のコツを押さえておかなければ結果につながる広告運用はできません。

この記事では、Web広告運用に求められるスキルとWeb広告運用で成果を出すポイントを紹介します。

Web広告運用に興味がある人やWeb広告の効果が伸び悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

Web広告市場は拡大を続けている

Web広告は、市場拡大を続けています。

(株)電通の日本の総広告費と媒体別・業種別広告費を推定した「日本の広告費」では、2021年にインターネット広告費が新聞やテレビなどを含むマスコミ四媒体広告費を、初めて上回ったと公表されました。

これまで継続的に高い成長率を維持していたインターネット広告費は、総広告費の39.8%を占める2兆7,052億円(前年比121.4%)となり、大きな成長を見せています。

インターネット広告費については、1996年からの実績について1997年に推定を開始して以来、継続的に高い成長率を維持し、2021年には2兆7,052億円、前年比121.4%となり、マスコミ四媒体広告費(2兆4,538億円、前年比108.9%)を初めて上回った。

引用元:日本の広告費

Web広告費の需要が高まっている背景には、インターネットの普及やコロナ禍の巣ごもり・在宅需要によるインターネット利用者の増加があると考えられます。

実際に総務省の「情報通信白書」のインターネット利用動向では、2021年の個人のインターネット利用率は82.9%と非常に高い数値が発表されました。

インターネット広告費については、1996年からの実績について1997年に推定を開始して以来、継続的に高い成長率を維持し、2021年には2兆7,052億円、前年比121.4%となり、マスコミ四媒体広告費(2兆4,538億円、前年比108.9%)を初めて上回った。

引用元:情報通信白書

このように、WebサイトやSNSを閲覧することが人々の生活の一部となっている現代では、Web広告をいかに活用・運用していくかが企業の利益や成長に大きく関わるといえるでしょう。

Web広告運用に必要なスキル5選

Web広告は、従来の広告と異なって広告効果の測定ができるため、入稿後の運用が重要です。

Web広告を運用する方法は、自社で行うインハウスと広告代理店やフリーランスへの外注の2種類がありますが、求められるスキルにほとんど変わりはありません。

Web広告運用で必要なスキルは、以下の5つです。

  1. Web広告に関する豊富な知識
  2. マーケティング力
  3. 想像力・発想力
  4. データ分析能力
  5. 継続力

順に説明します。

1.Web広告に関する豊富な知識

Web広告を運用していくためには、アカウント構築や入稿方法など実際にWeb広告を出すための知識だけではなく、広告媒体や広告運用に関する幅広い知識が必要です。

代表的なWeb広告媒体は、SNS広告やリスティング広告、ディスプレイ広告といったものがあげられます。

SNS広告の場合は、TwitterやFacebook、Instagram、LINEなどさまざまな種類があり、ターゲットを絞り込んでアプローチすることができます。

リスティング広告は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンを使用した際に、検索結果のページ上部に表示される広告です。

ユーザーの検索キーワードに合わせて表示されるため閲覧されやすく、広告効果が高いことがリスティング広告のメリットといえるでしょう。

ディスプレイ広告は、Webサイトやアプリ上の広告枠に画像・動画などの形式で表示される広告で、ブランディングや潜在顧客へのPRに向いています。

このように、Web広告の目的や宣伝する商品・サービス・会社の特徴、ターゲット層によって最適な広告媒体や運用方法は異なります。

そのため、Web広告運用を行う上では広告媒体への理解が重要なのです。

また、広告運用は数値から効果検証を行うので、KPI(重要業績評価指標)やKGI(重要目標達成指標)などの知識も求められます。

そのほか、時代に合ったWeb広告運用を行うためには、新しい広告スタイルや媒体などの最新情報を積極的にキャッチしていくことも大切でしょう。

2.マーケティング力

Web広告運用で成果を出すために欠かせないスキルは、マーケティング力です。

Web広告は、だれに何をどのように宣伝していくか戦略を立てたうえで制作します。

そのため、マーケティングの基礎的な知識の習得が必要です。

また、商品・サービスのターゲットユーザーの年齢や性別、ニーズを把握するスキルがあれば、訴求力や販売促進効果のあるWeb広告を打ち出すことができます。

マーケティング力は、Web上で広告を優位に保ち、広告効果を最大化するために必要不可欠なスキルです。

3.想像力・発想力

Web広告運用では、消費者の気持ちを想像する力と効果的な広告を生み出す発想力が必要です。

Web広告運用は、自社商品やサービスがより多くの消費者から選ばれることを目的に行います。

そのためには、商品・サービスのターゲットユーザーは、どのようなものに興味を持つか、何を感じたらアクションを起こすかなどを想像できなければ、効果的なWeb広告を出すことはできません。

また、Web広告を出した後も、広告効果からターゲットユーザーの心理を読み取ることができなければ、改善策を講じることは難しいでしょう。

ターゲットユーザーが思わずクリックするWeb広告を考えて運用していくうえでは、消費者目線をもつことが大切なのです。

また、競合他社との差別化を図るためには、自社商品・サービスならではの魅力や強みを最大限出すためのアイディアも求められます。

加えて、ターゲットユーザーの心に響く広告文を生み出す語彙力や言葉選びのセンスも重要なスキルといえるでしょう。

4.データ分析能力

データ分析能力も、Web広告を運用する上では欠かせません。

Web広告運用のデータ分析能力とは、クリック数や閲覧数、購入した人数などの数値から傾向を読み取り、原因と結果を把握したうえで、目標値に近づくための施策を探し出すことです。

Web広告を制作する前に設定した目標数値と現状の数値を比較して、どのように改善すれば目標達成できるのか論理的に考えることが求められます。

また、分析をする際にはユーザーの流入経路や滞在時間、コンバージョン率なども調査するため、Googleアナリティクスといったアクセス解析ツールを使いこなすスキルも必須といえるでしょう。

Web広告の効果を最大化するための運用をしていくうえでは、常にデータから改善策を考える姿勢が必要です。

5.継続力

Web広告運用では、継続力も重要なスキルの一つといえます。

Web広告の運用は、成果を出すためにユーザーの行動を見て細やかな調整をしたり、施策を考え続けることです。

すぐに結果が出なくても数値を一つ一つ分析して、コツコツと目標に近づくよう工夫を続ける姿勢が求められるでしょう。

効果的なWeb広告運用を行うための5つのコツ

効果的にWeb広告の運用を行うためのコツを以下5つ紹介します。

  1. 事前に情報を整理しておく
  2. Web広告のプロに相談する
  3. PDCAサイクルを回す
  4. Web広告運用の最新情報をチェックする
  5. 粘り強く改善する

順に説明します。

1.事前に情報を整理しておく

Web広告運用で成果を出すためには、広告制作をする前に必要な情報を準備しておくことが大切です。

特に、Web広告運用を行う目的や達成したい目標は明確にしておきましょう。

販売促進や成約数アップ、認知拡大、ブランディングなどWeb広告の目的によって、効果的な広告手法や広告運用方針が異なるためです。

また、ターゲットユーザーの属性やニーズを把握することで、訴求力のあるWeb広告を制作することができます。

そのほか、PRする商品・サービスの特徴や強み、Web広告の予算、競合他社の広告媒体などの情報も整理しておきましょう。

2.Web広告のプロに相談する

Web広告運用で成果を出すためには、Web広告の専門家の知見が欠かせません。

「1.Web広告に関する豊富な知識」でも述べた通り、Web広告には専門的なスキルと幅広い知識が必要なので、Web広告に詳しくない人が運用を続けてもなかなか結果につながらない可能性があります。

そのため、Web広告運用に精通した社員がいない場合や、自社で広告運用をしているけれど効果が出ない場合などは、Web広告のプロに相談することも一つの方法です。

社員を一から育成するよりもWeb広告の専門家の力を借りた方が、短期間で効果的な広告運用をすることができます。

また、一時的に外部委託することで、正社員を雇用するよりも低コストでWeb広告運用が可能となります。

3.PDCAサイクルを回す

Web広告運用を成功させるためには、PDCAサイクルを回すことも重要なポイントといえます。

そもそも、Web広告運用は施策を立てて実行し、評価・分析を行って改善につなげることです。

そのため、Web広告は入稿して終了ではなく、目標の達成度や計画通りに運用できているかなどは定期的にチェックして評価しましょう。

成果が出ていない場合は同じ方法で運用を続けるのではなく、どのように改善していくかをデータに基づいて考えていきます。

改善策を立てたら実行してまた効果測定をする。

これを繰り返すことで、広告効果を高めることができるのです。

また、今後のWeb広告運用に活かすため、広告運用で行った施策は記録しておくことと、目標達成した場合にも成功要因を分析しておくことをおすすめします。

4.Web広告運用の最新情報をチェックする

Web広告運用を行ううえでは、最新情報にアンテナを張っておくことも大切です。

Web広告の運用環境はアップデートのサイクルが早いため、継続的な情報収集を行いましょう。

大規模アップデートの情報があった場合は、公式ウェブサイトなどで必ず変更点を確認します。

また、新しい広告媒体や運用方法だけでなく、話題になっている広告などの情報もできる限りチェックしましょう。

5.粘り強く改善する

Web広告運用の効果を最大化するためには、粘り強く改善をしていくことが大切です。

Web広告は短期間で成果が出るとは限りません。

しかし、Web広告は効果測定ができるため、クリック数や閲覧数、購入数など実際に広告を見た人の動きを数値で見ることができるので、成果を出すヒントを得ることはできます。

このメリットを活かして、目標と結果を比較して広告で評価・分析・改善を行いましょう。

Web広告には明確な正解があるわけではありませんが、的確な効果測定に基づいた改善を継続して行えば、成果につながりやすくなります。

まとめ

この記事では、Web広告運用に必要なスキルと、Web広告運用で成果を出すコツを紹介しました。

8割以上の人がインターネットを利用している現代では、Web媒体を活用したマーケティングの重要性が高まっています。

効果的なWeb広告運用を行うためには、専門的なスキルと幅広い知識が必要となります。

Web広告に詳しい社員がいない場合は、外部の専門家に依頼することも一つの方法です。

Web広告運用に必要なスキルとコツをおさえて、成果につながるWeb広告運用を行いましょう!

Web広告運用をお任せできるマーケターを探すなら『ミネルカコネクト』

ミネルカコネクトとはWebマーケティング専門の人材マッチングサービスで、企業から即戦力のあるWebマーケターに業務委託することができます。

このミネルカコネクトを運営する株式会社Faber Company(ファベルカンパニー)はWebマーケティング支援歴17年の知見を持つ、老舗のWEB集客専門会社です。
ミエルカコネクトには様々なバックグラウンドを持つハイスキルなマーケターが700名以上所属しています(2022年9月末)。

ミネルカコネクトがおすすめの理由は

  • 役員が面談して通過したマーケターのみを紹介してくれる
  • Webマーケティングの知見を持ったスタッフが選定するのでミスマッチが少ない

という2点になります。

もし、優秀な広告運用者をお探しでしたら、ミエルカコネクトにもご相談ください。
御社の課題とご予算に合わせた適切なWebマーケターをご紹介いたします。

Webマーケティングのお悩みから、ぜひご相談ください!

紹介マーケターはマーケティングに精通したメンバーが全員面談済み。
一人一人の経験や強みからビジネスを前進させるマッチングを実現します。