1. 法人TOP
  2. コネクトナレッジTOP
  3. コンテンツマーケティングの外注|外注先の選定方法や費用相場を解説

コンテンツマーケティングの外注|外注先の選定方法や費用相場を解説

コンテンツマーケティングの外注|外注先の選定方法や費用相場を解説

コンテンツマーケティングには専門知識が必要なため、自社で課題発見から施策実施まで行うことは難しいです。そのため、コンテンツマーケティングを外注しようと検討する企業は多いでしょう。

本記事では、コンテンツマーケティングを外注するメリットとデメリットを詳しく解説します。気になる費用相場や外注先の選び方についても解説しているため、ぜひあわせて参考にしてください。

コンテンツマーケティング外注のメリット

コンテンツマーケティングを外注するメリットは、主に3つあります。

  • 外注先の複数サイトに携わった知見・ノウハウを活用できる
  • 社内リソースを確保できる
  • 客観的な意見を取り入れられる

外注先の複数サイトに携わった知見・ノウハウを活用できる

これまで試行錯誤を経験した外注先なら目的達成まで最短で到達できます。なかには同業種のコンテンツマーケティングで結果を出してきた企業もあるはずです。

自社だけで取り組もうとするよりも、すでに実績のある専門家に任せるほうが成果は早く出ます。

また、コンテンツマーケティングでは質と同時に量も欠かせません。ある程度の量のコンテンツを公開してから成果が出るまでにどうしても時間がかかるため、外注することでスピードアップを図れます。

社内リソースを確保できる

本業をこなしながら、コンテンツマーケティングの知識を身に付けることはとても難しいことです。コンテンツマーケティングを専業とする企業に任せ、それ以外の本業や集客施策を実施するほうが効率的です。

コンテンツマーケティングには、非常に大きな労力と時間がかかります。ボリュームによっては1記事執筆するために数日分の就業時間を使うことも珍しくありません。

自社では企画立案とコンテンツチェックのみと切り分けて、社内リソースを確保しましょう。

客観的な意見を取り入れられる

社外の客観的な意見を取り入れられることも大きなメリットです。ずっと同じサービスや商品に携わっている社内だけだと情報が偏りがちになります。

経験豊富なマーケターに相談すれば、いままで見えなかった角度でサービスや商品を分析し、施策を提案してくれるかもしれません。

固定概念のない、有意義なアイディアが出てくることを期待できます。

コンテンツマーケティング外注のデメリット

コンテンツマーケティングを外注することには、デメリットもあります。主なデメリットは、以下の通りです。

  • 外注先によって成果が大きく異なる
  • 社内にノウハウが溜まりにくい

事前にデメリットを知っておけば、対策をしたうえで外注できます。順番に確認しましょう。

外注先によって成果が大きく異なる

企業・担当者によって、得意ジャンルやスキル、実績は異なります。また、コンテンツマーケティングを外注する際は、基本的に成果に影響を与えるディレクターやライターを指名することができません。

そのため、期待通りの成果が上がらない可能性もあり得ます。外注する際は、必ず外注先の得意ジャンルやスキル・実績を確認しましょう。

社内にノウハウが溜まりにくい

コンテンツマーケティングを外注先に丸投げしてしまうと、社内にノウハウが溜まりにくい傾向があります。

外注をするときは頻繁に打ち合わせをし、今のトレンドや分析の方法、自社でコンテンツマーケティングを実施する場合の運用方法などを聞き出す姿勢が大切です。担当者は最低限の知識を身に付けたうえで外注することで、質の高い依頼ができます。

一方で、ノウハウを吸収したい姿勢を強く見せると、ノウハウの流出を嫌って逆に教えてもらえないケースもあります。そのため、依頼前に内製化の支援も行ってくれるかなどをすり合わせておくことをおすすめします。

コンテンツマーケティング外注の費用相場

コンテンツマーケティングを外注するとき、気になるのは費用でしょう。ここでは、支援内容別に費用相場を確認していきます。

調査・戦略設計

オウンドメディアの設計や、そのための調査を依頼する場合、単発で10〜100万円程度が発生します。サイトのページ数が多かったり求める成果が高かったりすると、100万円以上の費用が求められることもあります。

調査・戦略設計で依頼できる主な内容は以下の通りです。

  • 競合調査
  • 自社サイト分析
  • キーワード調査
  • コンテンツの企画
  • トップページやカテゴリなどのサイト構成

これから新しくサイトを立ち上げるのか、既存のサイトを設計し直すのかによっても工数が異なります。

コンテンツ制作

ボリュームによって変動しますが、高品質な記事作成を依頼するには1記事あたり4〜8万円と考えておきましょう。プロのカメラマンに写真を依頼したり、取材が発生したりする場合、さらに費用がかかります。

Webメディアとして成果(流入数)が出始める記事本数の目安は、60〜100本です。1記事5万円と仮定すると、300〜500万円の費用が発生します。

サイト制作

サイト制作を依頼する場合、40〜80万円程度が相場です。もし、別にランディングページも必要なのであれば、1ページあたり5〜30万円が必要です。

サイト制作には、以下のような制作過程があります。

  • 企画
  • デザイン
  • 画像制作
  • 原稿執筆
  • コーディング

また、運用まで任せるのであれば、別途運用費用として月額30〜50万円程度発生します。

アクセス解析

アクセス解析は、スポットと定額によって相場は異なります。

スポットで依頼する場合、コンサルティング料を含めて30〜50万円が相場です。

一方、定額のコンサルティングにアクセス解析を含める場合、月額のコンサルティング料に50〜150万円ほど上乗せすることが一般的です。

コンサルティング

以下のようなコンサルティングを依頼する場合、月額20〜50万円が相場です。

  • コンテンツ設計
  • キーワード選定
  • サイト改善案の提案

なかにはコンテンツ制作費用を含めて、月額30〜70万円に設定している場合もあります。

コンテンツマーケティングの効果を実感するまでには最低でも半年から1年は必要です。1年間コンサルティングを外注する場合、360〜840万円程度の費用がかかります。

外注先の選定ポイント

外注先を選定するときは、成果が出ることに注目しましょう。成果の出る外注先選びのポイントは、大きく3つあります。

  • 支援実績
  • 支援内容
  • 企業規模

順番に確認しましょう。

支援実績

まずは、支援実績を確認しましょう。見るべきポイントは、求めている支援内容の実績です。HPを見れば、具体的な事例を掲載されていることが多いため依頼前に確認しましょう。

また、なかには「オンラインサービスに強い」「食品・ヘルスケアに特化している」など、得意分野を持っている企業や、「中小企業に特化」「士業事務所専門」など得意な事業規模を持っている企業もあります。

外注先候補が行ってきた支援実績を確認し、自社の支援を期待通りに行ってくれるかを判断しましょう。

支援内容

コンテンツマーケティングと一口に言っても、依頼できる支援内容は外注先によって違います。具体的には、以下のようなタイプがあります。

  • コンサルティング
  • Webコンテンツ制作
  • ツール提供
  • 運営代行
  • SNS運用

専門性や強みを確認し、自社に必要な支援を受けられる外注先を選びましょう。

企業規模

依頼企業の規模や依頼内容によって適した外注先企業規模は異なります。主に大企業と中小・ベンチャー企業に分けられますが、それぞれ以下のような特徴を持っています。

大企業
特徴
  • 実績や経験が豊富にある
  • 一貫性を持って依頼できる
  • 担当者によってスキルが異なる
おすすめの企業
  • 事業規模やサイト規模が大きい
  • Webマーケティング全般をまとめてお願いしたい
  • 取引先に安定感や確実性を求める
中小・ベンチャー企業
特徴
  • 柔軟性とスピードがある
  • 専門性が高い
  • ある程度スキルを持った担当者についてもらいやすい
おすすめの企業
  • 事業規模やサイト規模が比較的小さい
  • コンテンツマーケティングだけをお願いしたい
  • 取引先に柔軟性を求める

自社の状況に合わせて、企業規模を選びましょう。

コンテンツマーケティングの外注ならフリーランス活用がおすすめ

コンテンツマーケティングの外注を検討しているのであれば、フリーランス活用がおすすめです。その理由は、主に3つあります。

  • 低コストで即戦力人材を活用できる
  • 業務内容に応じてフリーランスの変更ができる
  • 内部・外部どちらの知見も取り入れやすい

順番に確認し、フリーランスへ外注することも視野に入れましょう。

低コストで即戦力人材を活用できる

企業への依頼や正社員採用と比べると、低コストで即戦力人材を活用できます。

フリーランスは業務委託契約を結ぶため、業務ベースでの依頼が可能です。企業に依頼する場合は必要以上の項目が含まれたパッケージプランを契約しなければならないケースもある一方、フリーランスには必要な業務だけを依頼できます。

また、優秀Webマーケターを雇用するには年収600〜1,000万円程度の年収(固定費)が必要になります。

変動費で専門性の高い人材の力を手に入れられることは、企業にとって魅力的です。

業務内容に応じてフリーランスの変更ができる

業務内容に応じて委託するフリーランスを変更できることもおすすめの理由です。コンテンツマーケティングで一定の成果が出たら、次はCVR改善のフェーズへ移行していく必要があります。しかし、コンテンツマーケティングに強い専門家がCVR改善にも長けているとは限りません。

ミエルカコネクトなら、必要な施策に合わせて専門性の高いフリーランスを適切なタイミングでご紹介できます。

内部・外部どちらの知見も取り入れやすい

フリーランスであれば内部・外部どちらの知見も取り入れやすく、固定概念にとらわれないコンテンツマーケティングが実現します。

社内である程度ノウハウが蓄積されていたとしても、なかなか成果が上がらないこともあるでしょう。このようなとき経験豊富なフリーランスの客観的なアドバイスがもらえると、これまでになかった新たな施策が考えられるかもしれません。

ミエルカコネクトのご紹介するフリーランスのなかには、内製化支援の経験が豊富な人材もいます。そのようなマーケターに参画してもらえれば、同じチームメンバーとして伴走し、社員を育成しながらコンテンツマーケティングの成功に向けて施策を実施していけるでしょう。

契約が終わったあとも社内にノウハウが残りやすいため、自社で運用を続けていきやすいです。

コンテンツマーケティングの外注なら『ミエルカコネクト』

ミエルカコネクトは、Webマーケティング専門の業務委託のマッチングサービスです。

コンテンツマーケティングを外注すれば、知識や実績を十分に持っている専門家の支援を受けられ効率的に成果を上げることができます。社内のリソースを確保できるメリットもあります。

しかし、Webマーケティング会社に依頼をすると費用は高くなりやすいです。パッケージで依頼内容が固定されていることもあり、本当に必要な業務だけを依頼できないかもしれません。

弊社の「ミエルカコネクト」では、専門性の高いフリーランスのWebマーケターをご紹介します。御社に最適な分野の施策を得意とする人材を紹介するため、効果を実感しやすいです。ぜひ一度、ご要望をお伝えください。

また、弊社が17年間SEO・コンテンツマーケティングを中心とした支援・SEOツールの開発(ミエルカ)を行っておりますので、コンテンツマーケティングのご支援・取組事例は多く実績があります!

コンテンツマーケティングをプロに外注したい、伴走してほしいという企業様はぜひお気軽にご相談ください。

Webマーケティングのお悩みから、ぜひご相談ください!

紹介マーケターはマーケティングに精通したメンバーが全員面談済み。
一人一人の経験や強みからビジネスを前進させるマッチングを実現します。