1. 法人TOP
  2. コネクトナレッジTOP
  3. マーケターの育成方法とは?マーケターの育成の注意点から必要な資質まで徹底解説

マーケターの育成方法とは?マーケターの育成の注意点から必要な資質まで徹底解説

マーケターの育成方法とは?マーケターの育成の注意点から必要な資質まで徹底解説

近年、SEO対策やGoogleやYahooなどのリスティング広告、TiktokなどのSNS広告などマーケティング手法は多岐にわたっており、効果的なマーケティング施策を実行することは、企業成長に不可欠となっています。

そのため、成果が出せるプロフェッショナルなマーケター人材をいかに自社で確保するかが、企業にとっての至上命題です。

そこで本記事では、マーケターの必要なスキルやマーケターの育成方法、注意点、成功させるコツを紹介します。

本記事を読むことで、マーケター育成方法が理解できるようになり、マーケターの育成をすぐにスタートすることができるようになります。

マーケター(マーケティング人材)とは

マーケター(マーケティング人材)とは、企業でマーケティングを専門に行う人材、つまり、市場のニーズを調査・分析し、商品やサービスが売れる仕組みづくりをする人材です。

上述のように情報化社会が進展したことでインターネットを介しての顧客との接点が多くなり、Webマーケティングは重要になってきました。

▼代表的なWebマーケティングの手法(一例)
  • SEO対策
  • Google/Yahooなどのリスティング広告(検索連動型広告)
  • Tiktok/TwitteなどのSNS広告
  • アフィリエイト広告
  • リターゲティング広告
  • Youtubeなどの動画広告
  • メールマーケティング

ほとんどの企業はこうしたWebでのマーケティング施策を実施できるマーケターを求めています一方で、自社にマーケターがいないというのが課題となっています。

そのため、次章以降では、マーケターの仕事と必要なスキルからマーケターとは何かを解説するとともに、育成方法について解説していきます。

マーケターの業務・役割とは?

マーケターの業務・役割は、大きく分けて次の3点です。

  • 調査・分析
  • 企画・戦略策定
  • Webマーケティングの実施

それぞれ詳しく説明します。

1. 調査・分析

調査・分析は、マーケターにとって特に重要な業務です。

商品・サービスが売れる仕組みづくりをする中で、その仮説を立てるために調査・分析を行うものであり、この仮説が間違っているとマーケティング施策は上手くいかないためです。

具体的には、調査会社の活用やWeb上で競合製品の調査などを行い、市場の動向を把握したり、アンケートを行ったりしてデータを集めます。

調査によって集まった情報をもとに、市場のニーズやトレンドを分析し、「売れる商品・サービス、売れるための施策はこうではないか」と施策を検討するための土台をつくります。

2. 企画・戦略策定

マーケターが行う企画とは、調査・分析によって得た市場のニーズをもとにコンセプトを決めるものです。

例えば、「競合他社はこのメリットを強く打ち出して成功している」「自社のターゲットは若年層が多くこのサイトで宣伝するのがいいのでは」など、自社の商品・サービスの売り文句や宣伝の方針を企画、検討します。

また、新製品の場合は販売価格や売上予測の検討など、販売戦略を企画して営業部門などと共有することもあります。

3. Webマーケティングの実施

マーケターは、上述の戦略を立てた後、実際に広告の出稿まで行う実務まで行う場合があります。

一言にWebマーケティングといっても、Google/Yahooなどの検索エンジンへの出稿、Youtubeなどのバイラルメディアへの出稿など、宣伝元が広範にわたります。

さらに、バナーの作成やサービス紹介文の作成、出稿KWの検討などのクリエイティブの部分もマーケターが関わり、自社に専門家がいない場合は、最終的なシステムでの出稿実務も行います。

マーケターに求められる3つのスキル

マーケターに求められるスキルは、大きく分けて次の3点です。

  • マーケティング手法に関する広範な知識
  • 仮説・検証できる論理的思考力
  • 好奇心旺盛さ

それぞれ詳しく説明します。

1. マーケティング手法に関する広範な知識

マーケターで一番必要なスキルは、マーケティングに関する広範な知識が必要です。

なぜならば、マーケティングを検討する際に「どのような宣伝方法があるか、そのメリット・デメリット」を理解していないと適切な方針を考えられないためです。

基本的には細かい実務までは理解していなくてもよいですが、大きい会社でない場合などは、最後の実務まで兼任することが必要になります。

マーケティング施策を成功させるためには、マーケティングの基本を理解し、どのように活用すれば良いかを考えることができるスキルが必要です。

2. 仮説・検証できる論理的思考力

マーケターは、仮説・検証できる論理的思考力も必要です。

マーケティング戦略は、絶対的な正解がなく、仮説をもとにした施策であるためです。

「なぜその施策を実施するのか」「なぜ成功/失敗したのか」をしっかりと評価・分析することで精度を高めていくことが必要不可欠です。

Webマーケティング手法は様々なため、必ず取捨選択、優先順位をつける場面が発生します。

その際に上層部やチームの理解を得ることも重要になります。

3. 好奇心旺盛さ

マーケターは、好奇心が旺盛であることも必要です。

特にWebマーケティングの場合、マーケティングや広告といった手法が多様化しており、過去に実施した施策が現在も通用するとは限らず、状況の変化が目まぐるしいためです。

そのため、常に新しい情報に対する興味関心を持ち続け、商品・サービスの販売促進を常に目指すことができるメンタリティが必要です。

マーケターを育成するための方法

前章でマーケターの仕事は何か、必要なスキルがなにかを整理しました。

ここでは、そのような人材を育成する方法を説明します。

マーケターを育成するための方法・ステップは、大きく分けて次の4ステップです。

  • 自社で育成が必要なスキルを可視化する
  • 学べる内容が「実務に沿った」ものになっているか。
  • 実際に自分で実践できる場を用意する
  • コストバランスなど育成の成果を見直す

それぞれ詳しく説明します。

ステップ1. 自社で育成が必要なスキルを可視化する

マーケターを育成するための方法として、まずは自社で求めるスキルを可視化します。

上述のように一言にマーケターといっても、やるべき仕事内容、スキルは異なっているためです。

例えば、新たなターゲット層の獲得として、SNSマーケティングやYoutubeでの広告を実施しようと考える場合、全般的なマーケティングに関する育成でなく、それらの専門知識を伸ばすことが近道です。

さらに、Webマーケティングの知識があるが、広告文などのクリエイティブが弱いのであれば、そうしたスキルを伸ばすといった判断も可能になります。

このように自社の状況をまずは把握し、どのスキルを育成するかの方針を立てることは重要です。

ステップ2. 学べる内容が「実務に沿った」ものになっているか。

次に、学ぶ内容を決めますが、学べる内容が「実務に沿った」ものを選びましょう。

なぜならば、学べる内容が「実務に沿った」ものでない場合、実際に自社で利用しない知識となってしまったり、実務で使わないために最終的に再度実務の部分を学びなおす必要があったりするためです。

例えば、GoogleやYahooのリスティング広告を始めようと思ったときに、リスティング広告の市場の状況やメリットなどを学んでも実務では使えず、むしろ、システムの細かい使い方や設定方法を学ぶような実務的なカリキュラムの方が重要になってきます。

現在、Webマーケティングのニーズは高く、多くの企業でセミナーや教材を提供しており、書籍も多く販売されています。

これから育成を始める場合は、導入の教材と細かい実務に近い教材の2種類を用意して、広範な知識と専門的な深い知識を与えることをおすすめします。

ステップ3. 実際に自分で実践できる場を用意する

必要な知識・スキルを学んだあとは、実践が重要です。

座学での勉強は限界があり、実際に自分で手を動かして運用をしてみることで初めて自分のスキルとして育成が完了します。

最初は、焦っていきなり「全部お願いね」と進めるのではなく、小さな案件、少額での運用をさせてみてから、徐々に大きくしていくことをおすすめします。

ステップ4. コストバランスなど育成の成果を見直す

実践をしたあと、コストバランスなどの育成の成果の振り返りも重要です。

自社で育成をする場合、受講料が1人3,000円ぐらいのものから、中には数十万円かかるものまで金額に差があります。

この振り返りによって、自社にあった育成方法をよりクリアにすることができるため、必ずその後の検証をすることをおすすめします。

マーケターを育成するための3つの注意点

マーケターを育成するための注意点は、次の3点です。

  • 長期スパンで考える
  • 育成期間中は業務に影響が出てしまう
  • 一人ひとりに対しての育成計画を考える

それぞれ詳しく説明します。

1. 長期スパンで考える

マーケターを育成するには、長期スパンで考える必要があります。

なぜならば、マーケターの業務、スキルは多様であり、トライアンドエラーで経験を積んでいくことで、成果を生み出すことが可能なためです。

そのため、自社の状況によっては育成ではなく、即戦力のマーケターの採用や外部委託を活用することも重要です。

外部委託を活用して、教育と推進を同時に実施することができるためです。

2. 育成期間中は業務に影響が出てしまう

マーケターを育成をする際には、育成期間中は業務に影響が出てしまうことにも注意が必要です。

企業として依頼しているため、必然的に労働時間として育成を進める必要があるためです。

もし、社内での業務の分配を最適化できず、学習に集中できる環境を作れない場合、セミナーなどを受講してみたけれども、スキルとして全く身についていないという事態に陥る可能性があります。

3. 一人ひとりに対しての育成計画を考える

求めるスキルは企業で一貫していても、一人ひとり性格が違えば得意分野や知識も異なります。

例えば、「Youtube広告って何」といった知識レベルの社員もいれば、「Youtube広告は動画で流れるものだ。広告の出稿方法や効果的なクリエイティブを知りたい」と思う社員など知識量が異なります。

そのため一人ひとりに対して育成計画が必要で、特に多くの従業員を抱えている企業にとっては、その育成計画を管理・修正する能力も重要になります。

まとめ

この記事では、マーケターの求められるスキル、育成方法、育成の際の注意点について解説しました。

デジタル化の進展により、Webマーケターの育成は企業の成長にとって必要不可欠です。

その一方で、マーケティング施策の多様化はめまぐるしく、マーケティング担当者の業務範囲・必要なスキルは拡大し続けており、Webマーケターの育成は大きな課題となっています。

この記事を参考に自社での育成をご検討いただくとともに、自社で育成するだけでなく、外部委託を活用したハイブリット型の運用など、ぜひ自社にあった施策を実施ください。

マーケター育成に取り組むなら「ミネルカコネクト」

ミエルカコネクトは、Webマーケティング専門の業務委託のマッチングサービスです。

ミエルカコネクトはWebマーケティング領域専門の人材マッチングサービスです。
フリーランスや副業の即戦力として現役で活躍しているマーケターが所属しており、インハウス化支援、社員の教育・育成などにお力添えできます。また、記事でもご紹介した通り、育成には時間がかかるので、外部委託を活用し半社員メンバーとして実務を伴走してもらうことも可能です。

マーケターの育成にお悩みのある企業の担当者様は、ぜひご相談ください。

Webマーケティングのお悩みから、ぜひご相談ください!

紹介マーケターはマーケティングに精通したメンバーが全員面談済み。
一人一人の経験や強みからビジネスを前進させるマッチングを実現します。