1. 法人TOP
  2. コネクトナレッジTOP
  3. SEOコンサルをフリーランスで始めるには?単価相場から案件獲得方法も

SEOコンサルをフリーランスで始めるには?単価相場から案件獲得方法も

SEOコンサルをフリーランスで始めるには?単価相場から案件獲得方法も

SEOコンサルとは、Google検索を行った際に上位に表示されるようなサイトを作る提案・アドバイスを行う専門家のことを指しています。

ほとんどの企業がSNSやWebサイトで商品やサービスのマーケティングを行っている昨今、SEOコンサルは年々注目されている職業といえます。

SEOコンサルでは、サイト自体の改善点から狙うキーワードや単語を絞りこみ、企業の利益をアップさせる重要な役割。

本記事ではSEOコンサル業務の全般から、案件の探し方、収入アップの方法まで詳しく解説していきます。

フリーランスでSEOコンサルを始めるのに最低限必要なもの

フリーランスでSEOコンサルを始めるには、最低限以下2つは必須といえるでしょう。

SEOの専門的知識

当たり前のことですが、「未経験でフリーランスSEOコンサルを始めたい」とお考えの方は、まずSEOそのものについて勉強しておきましょう。

SEOについての勉強方法は以下の3つ。

  • 書籍
  • インターネット
  • スクール

Web関係の情報は日々アップデートしているため、SEO勉強のための書籍選びはなるべく最新情報が乗っているものを選ぶのがポイント。

また、インターネットでもSEOについて紹介しているサイトは数多くあります。

基本情報から上級者向けのテクニックまで無料で勉強することも可能ですので、書籍と合わせて勉強するのもおすすめです。

サイトによってSEOの学習ポイントや考え方は様々ですので、分からない場合はなるべく検索上位のものを参考にするといいでしょう。

SEOそのものについてどこから手をつけていいのか分からない、という方にはSEOを専門で学べるスクールもおすすめです。

現在はオンラインから通学スタイルまで様々なSEO特化スクールがあり、フリーランスとして働いていく上で売上に直結するスキルを学ぶことも可能です。

フリーランスのSEOコンサルとして成功するためにも、SEOの基礎知識はしっかりおさえておきましょう。

▼参考:Faber Company提供のWebマーケティング情報発信サイト
・SEOやWebマーケティングなら「ミエルカジャーナル
 最新記事:『SEO対策の最新情報
・ デジタルマーケティング最新ノウハウなら「ミエルカチャンネル」(YouTube)

クライアントに提示可能な実績

フリーランスのSEOコンサルとして案件を受けて行く際には、クライアントに提示可能な実績を用意しておきましょう。

提示可能な実績を作る為に、個人ブログを作成してSEO上位記事を作成しておく方法がおすすめです。

WordPressやはてなブログ、Blogger等を利用して自分でブログを立ち上げて運営していることも同時にアピールできますので、個人ブログは最初に作成しておくとスムーズに実績を作れます。

未経験でフリーランスSEOコンサルを始めたいと考えている方は、最低でもSEOの知識と実績がなければ厳しい世界であるといえます。

SEOコンサルは専門的な知識と提案力が必要になり、目に見えた成果を期待される仕事。

まだSEOコンサルの知識がない状態の方は、まずはSEOの基礎知識を学び、実績を作ることから始めましょう。

下請けで仕事をもらえるコネクションがあると安心

フリーランスでSEOコンサルを始めたいと考えている場合は、下請けで仕事をもらえるコネクションがあると理想的です。

例えば、SEO会社で仕事がたくさんあるけど捌ききれない場合やフリーランスでやっているけど案件が立て込んでいる場合等、仕事を任せてもらえるような繋がりを作っておくことも重要です。

フリーランスでSEOコンサルとして成功するためにも、受けられそうな仕事は積極的に受けていき、人脈の幅を広げていきましょう。

フリーランスのSEOコンサル業務の年収、単価目安は?

フリーランスでSEOコンサルを行った場合の平均年収と単価目安を紹介します。

年収

フリーランスでSEOコンサル業務を行った場合の平均年収は500万円〜1,000万円といわれています。

より多くの実績を積み実力を付けることでより多くの報酬を得ることができる職業ですので、フリーランスのSEOコンサルでは年収1,000万円を超えることも期待できます。

単価

フリーランスでSEOフリーランスコンサル業務を行う場合の案件ごとの単価は約20万円〜50万円程度です。

週1、2回程度のミーティング参加が必要な案件や、フルリモートでのコンサルティングまで幅広く案件があり単価も様々。

また、案件を受ける代理店によっても高額な案件や大手企業の取り扱いがあるかどうかで単価は大幅に変わってきます。

まずは低価格でも実績を作ることから始め、その後高額案件の多い代理店に登録しておくと年収アップも期待できます。

フリーランスのSEOコンサルで収入を上げるためには?

フリーランスのSEOコンサルとして、さらに収入を上げるためには『専門性を高める』『契約期間の長い仕事を取る』ことがポイント。

SEOの専門家として豊富な知識と実績があることはもちろん、特定の業種やSEO以外のことでも専門性を高めておくことで自分にしかできない仕事を増やすことができます。

SEOコンサルを行う中でも関わることのあるジャンル『Webマーケティング』『インハウスマーケター』等への知見を広げておくとさらに専門性が高まり、仕事への評価と単価も上がりますので収入アップを期待できますよ。

また、「契約期間半年で月額は20万円」等の長期間の案件を積極的にとるのもおすすめ。

月額性の案件を受けることでその期間の収入が安定する上に、複数の案件を同時に受けていけば年収を上げることができます。

フリーランスでのSEOコンサル業務の働き方は自由ですが、高収入を狙う方はなるべく上記2つのポイントを抑えながら仕事を探すのがおすすめです。

フリーランスでのSEOコンサルに必要なスキル

フリーランスのSEOコンサルとして活躍するために必要なスキルを確認しておきましょう。

フリーランスでのSEOコンサルに必要なスキルは以下の通りです。

  • 最新の知識と情報収集力
  • コミニュケーション能力
  • Web開発・制作の知識とディレクション能力
  • 提案力

順に説明していきます。

最新の知識と情報収集力

SEOの情報は日々更新されていきます。

フリーランスのSEOコンサルとして多くの案件をこなすためには、常に最新のSEOの知識と情報収集力が必要。

クライアントのWebサイトを検索上位に上げるために、最新のトレンドを交えた最適な提案が行えるように日々スキルに磨きをかけておきましょう。

Webマーケティングやインターネットの情報は日々更新され進化していますので、時に合わせた知識をもっておくことが重要です。

コミニュケーション能力

フリーランスのSEOコンサルではコミニュケーション能力が必要不可欠といえます。

あらゆるSEOコンサルスキルを持っていても、コミュニケーションが円滑に行えなければ意味がありません。

自分の提案したい戦略やもっているスキルを、いかにクライアントにうまく説明できるかはフリーランスSEOコンサルとして活躍するための鍵となります。

WebエンジニアやWeb担当者、関わっていく作業者との連携をうまく取りながら、わかりやすく説明できるコミュニケーションを心がけましょう。

Web開発・制作の知識とディレクション能力

フリーランスSEOコンサルとしてさらに幅を広げスキルを高めるためにも、Web開発と制作の知識とディレクション能力が必要です。

Web開発と制作の知識を持っておくことで、SEOコンサルとしてWebサイト全体を把握しやすく、より高度な戦力を組み立てやすくなります。

SEOコンサルとして業務内でWebエンジニアや担当者、サイトの開発者と連携してSEO対策を進める際にも、Web開発・制作の知識があることで適切な指示を出しながらスムーズに業務を進められます。

必要とされるタイミングでより的確な指示を出すためにも、Web開発と制作の知識を持ちながらディレクション能力も高めていきましょう。

提案力

フリーランスのSEOコンサルとして提案力はとても大切なスキルです。

日々更新されるインターネット情報の中で、的確なキーワード選定を行い最適なフォーマットや構成でコンテンツを企画し提案してくことで、高い成果にも繋がります。

また、サイトを構築していく中でライターやデザイナーの選定にも積極的に関わることで、より効果の高いコンテンツ制作が可能に。

SEO戦力の効率を高めるためにも、コンテンツ全体を把握しながら適切な提案を行いましょう。

SEOコンサルで使えるおすすめの資格

フリーランスでSEOコンサル業務を行う際に持っておくと役に立つ資格を紹介します。

SEO検定

SEO検定は、最新のSEO技術を学べる全日本SEO協会が実施している検定です。

4級から1級まであり、時代の変化に適応したSEOの技術と知識をトータル的に学ぶことができます。

企業への営業の際にも提示することができ、フリーランスとしての信用度を上げるためにも役立つことが期待できます。

認定SEOコンサルタント

認定SEOコンサルタントは、上記で紹介したSEO検定1級までを取得した方のみ受けることができる検定です。

毎月100社超のクライアント企業を指導している全日本SEO協会理事の鈴木将司氏より直接指導を受けることができるコースになっています。

学習カリキュラムで学んだ後は、SEO検定に合格する必要があり費用は約15万円です。

フリーランスSEOコンサルの仕事の探し方

フリーランスSEOコンサルで案件を探す場合は、以下の4つの方法があります。

  • フリーランスエージェント
  • クラウドソーシング
  • Web開発・制作の知識とディレクション能力
  • 提案力

順に説明していきます。

1.フリーランスエージェント

フリーランス専用の専門エージェントに登録しておくと、専門の知識をもつ担当者が自分に合った案件を紹介してくれます。

フリーランスエージェントでは自分で営業をする必要がなく、比較的高額な案件が多いのが特徴。

また、リモートワーク可能な案件も多いため地方の人でも安心です。

一定のスキルがあれば高額な案件を獲得できるので、実績がある人は登録してみてはいかかでしょうか。

本記事でおすすめしたいフリーランスエージェントは、『ミエルカコネクト』です。

ミエルカコネクトは、Webマーケティング専門の業務委託のマッチングサービスです。

ミエルカコネクトは大手企業の案件多数で、累計案件数は350件を超えています。

運営している株式会社Faber Companyが約17年間SEO・コンテンツマーケティングの支援を行ってきており、ミエルカというSEO・コンテンツマーケティングの内製化ツールを開発・提供していることもあり、「SEO」系の案件が多くあります。

專門知識豊富なスタッフが企業案件を紹介してくれますので、フリーランスでSEOコンサル案件をお探しの方はミエルカコネクトに登録してみてくださいね。

2.クラウドソーシング

あまり経験のない方はクラウドソーシングで案件を受けていくのもおすすめです。

クラウドソーシングは、仕事内容が幅広く数多くのフリーランスと案件を抱えています。

代表的なクラウドソーシングは以下の2つです。

クラウドソーシングでは、細かな条件設定が可能で単価も安価なものから高額なものまで様々。

最初にクラウドソーシングで経験を積みスキルを上げてから、フリーランスエージェントに登録するのもおすすめですよ。

3.ビジネスSNS

個人でSNSやブログを作成しておくことで見込み客の目に止まり、仕事を依頼してもらえる場合もあります。

ビジネスSNSを作成する際には、SEOコンサルを探している人に届くようなキーワード選定を行い、SNSではフォロワーを増やしておくことで信用度も上がり新規顧客の獲得に繋がります。

4.企業に直接営業

エージェントやクラウドソーシングでは手数料を取られてしまう場合が多く、もったいないと感じる方には企業への直接営業もおすすめです。

常に案件を獲得されていると思われるWeb制作会社やSEO会社等に直接営業にいき、営業をすることで仕事を貰える場合も。

直接営業は簡単ではありませんが、自分の強みをアピールしながら根気よく営業することがポイントです。

フリーランスでSEOコンサルとして活躍するなら「ミエルカコネクト」

これからSEOコンサルをフリーランスで始めたいと考えている、SEOコンサルとして案件の獲得方法に悩んでいる皆様。

ぜひ大手案件多数のフリーランスエージェント、ミエルカコネクトに登録してみてください。

ミエルカコネクト」は、即戦力マーケター様と企業をつなぐマーケティング専門の人材マッチングサービスです。
2005年からWebマーケティング支援を行ってきた業界の知見を活かして、弊社の役員が全員と面談をさせていただき、ご実績・スキルの棚卸から、皆様の「得意」「特異」に合ったマーケティングのお仕事をご紹介しております。

これまでの支援歴から、大手の案件が多く、案件継続率は95.9%、累計案件数は350件を突破しました。

SEO対策に悩む企業様に、皆様のSEOの知見をお貸しください。
ご登録お待ちしております。

Webマーケティングのお悩みから、ぜひご相談ください!

紹介マーケターはマーケティングに精通したメンバーが全員面談済み。
一人一人の経験や強みからビジネスを前進させるマッチングを実現します。